スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス
スポンサーリンク

バンコクから直行便でベトナムのダナンに3泊4日の旅行に行ってきました。

ダナンは今回が初めてです。

 

スポンサーリンク

バンコクからダナンへの直行便

バンコクからダナンへはありがたいことに直行便が就航しています。

今回はバンコクエアウェイズのバンコク・スワンナプーム空港からダナンへの直行便のチケットを購入しました。

料金
バンコク―ダナン往復:バンコクエアウェイズで22,000円。

 

タイからの国際線ですので、タイランドエリートの空港VIPサービスとラウンジ、BMWの送迎がすべて利用できます。

バンコクエアウェイズはスターアライアンスではないので、今回はスーパーフライヤーズではなく、タイランドエリート提携のミラクルラウンジを使うことになります。

スポンサーリンク

色々調べた結果、バンヤンツリー・ランコーを選択

ホテルはバンヤンツリー・ランコー(Banyan Tree Lang Co)に決めました。

Banyan Tree Lang Coはそのホテル名にもあるように、ダナンの市内ではなく、ランコーという市内から車で1時間ほど北にあるそうです。

ホテルからホイアンへのシャトルバスも無料で出ています。また同じくホテルからダナン市内へは有料でシャトルがあります。

 

僕が泊まったバンヤンツリーは全室ヴィラタイプということで、非常に豪華でした。

僕が予約したラグーン・プールヴィラというのは一番安いカテゴリーですが、120平米以上あり、僕には充分。

バンヤンツリー・ランコーの料金

宿泊するバンヤンツリー・ランコーは、HISで予約しました。

 

  • 1泊39000円(3泊分117,000円)
  • 朝食付き
スポンサーリンク

スワンナプーム空港からダナンへ

上述のバンコクエアウェイズでダナンに向かいました。

タイランドエリートのBMWを利用

朝7:00にタイランドエリートで予約したAOT社のBMWが迎えに来て、8時前にスワンナプームに到着。

 

 

空港でのVIPサービス

タイランドエリートの専属アシスタントであるEPAが車の出口で迎えてくれ、チェックインの手続きをしました。エコノミークラスなので普通のチェックインカウンターです。

でも出国審査はタイランドエリートのレーンが使えるのであっという間でした。その後すぐにラウンジへ。

ミラクルラウンジのファーストクラスを利用

そのラウンジなのですが、今回はバンコクエアウェイズのため、スターアライアンスゴールドの特典が効かないので、初めてタイランドエリート提携のミラクルラウンジを利用しています。

スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス

ミラクルラウンジはエリート会員本人のみ無料

ここで注意。ミラクルラウンジには、タイランドエリートの本メンバーは無料で入れるのですが、連れがいる場合は、その分、お金をきっちり取られます。

その料金は1000バーツと聞いていたのですが、2日前に1200バーツに値上げされたそうです。

でもまあ、ミラクルラウンジ自体は、タイランドエリートのEPAの係員が言っていた通り、広くて食事も充実していました。

出るときに気付いたのですが、僕が使っていたのは、ファーストクラスのラウンジでした。

スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス 席 スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス

隣にビジネスクラス用がありました。

 

タイランドエリートだとミラクルラウンジのファーストクラスが使えるんですね。

 

今までスタアラのビジネスクラスラウンジを使っていた僕がバカでした。

ミラクルラウンジはかなり広々としています。すごく空いていましたが、僕は初めてなのでいつもこんな感じなのかはわかりません。

 

 

スワンナプーム空港 ミラクルラウンジ ファーストクラス 食事

とりあえず朝ごはん分はしっかり食べておきました。

 

ベトナムドンは用意しなかった

さて、ベトナムと言ったらベトナムドンです。

ダナンに到着したらいくらキャッシングしようかなと思って、換算レートを見てみたら、すごい数字です。

10000万円で200万ドンって、相変わらず分かりにくいです。

ゼロを二つ取って、2で割ればいいのかな。

それと、「ベトナムなんてラオスと同じでどこでもドルが流通してるんでしょ」と思っていたら、ダナン在住者のブレイクブログを見たら、最近はダナン空港を含め、ほとんどベトナムドンしか使えないと書いてありました。

真偽の程は分かりませんが、やっぱりある程度はATMでドンをキャッシングしておく必要がありそうですね。

ダナン空港到着

ベトナムにやって来ました。そして初ダナン。

オープンしてまだ数年の空港ということで、ピカピカで近代的の建物でした。

それと、税関を通る前にベトナムのSIMカードを購入しました。

1週間用で7米ドルでした。完全ドル表記で。先日読んだブログでは、ダナン空港ではまずベトナムドン以外は使えないと買いてありましたが、実際は普通に使えます。

それでもキャッシングを少しはするつもりでしたが、ATMを発見する前に、僕の名前を掲げたプラカードを持った女性スタッフを見つけてしまったので、結局ドンを持たずに送迎車に乗りました。

次回はバンヤンツリー・ランコーを紹介します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事