フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ
スポンサーリンク

タイのバンコクから、バンコクエアウェイズの直行便でベトナムのフーコック島にやって来ました。

2017年10月に直行便が開通したおかげで、プーケットやサムイ島に行くのと同じ感覚でバンコクからベトナムにアクセスできる便利な時代になりました。

 

ホテルが有料で手配してくれたプライベート専用車に乗り、舗装されていない凸凹の道を通り、40分弱でフュージョン・リゾート・フーコックに到着しました。

スポンサーリンク

フュージョン・リゾートにチェックイン

写真はロビーの様子。

フュージョンリゾート・フーコック ロビー

ホテルに到着すると、担当者が出てきてすぐにチェックインの手続き開始。

 

フュージョンリゾート・フーコック ロビー フュージョンリゾート・フーコック ロビー

ホテルの予約自体はAgodaで行っており、支払いも既に無事に完了していました。

フュージョン・リゾートフーコックの料金

フュージョンリゾート・フーコック
このリゾートは全室がプールヴィラです。僕が予約したのは最もリーズナブルなGarden Viewのプール・ヴィラ。

 

  • 料金はと言うと、1泊当たり27000円程度。これは雨期のローシーズンの値段です。
  • すべてのタイプの部屋に朝食が含まれています。
  • wifiはリゾート内各所で接続可
  • スパ(1日2回無料)、カヤック、サイクリング、料理教室、その他ビーチアクティビティなどもほとんどが無料で利用出来ます。
  • 全部屋に「フュージョニスタ」という専属バトラーが付きます。欧米人のフュージョニスタもいました。

 

僕の部屋の担当になったのは、ベトナム人女性のフュージョニスタ。歳は20代前半くらいでしょうか。フュージョニスタとの連絡方法はとても斬新で、Lineで友達登録してメッセージを送信するだけです。

 

部屋の掃除の依頼やルームサービスの注文もLineで簡単に出来、フュージョニスタからはすぐに返事がきました。

 

もちろん、他のホテルのように部屋からロビーに電話をかけるというのもOKです。

それでは、部屋の案内をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

フュージョン・リゾート・フーコックの客室

これから紹介するのは、僕が3泊したFusion Resort Phu Quocのガーデン・ヴィラです。

驚いたことに、面積は124㎡あります。

 

現在はローシーズンのため、タイミングが良いときは25000円前後で泊まれることもあります。

 

2万円台でプールヴィラって、他では考えられないですよね。

 

近年、ビーチリゾートはどのホテルも中華系が増え、プールでギャアギャア騒いでいる人が多いのは皆さんご存知の通りです。

周囲の目を気にせず寛げるプールヴィラの需要は今後増えていくと思います。

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

こちらが庭のプール

 

部屋の寝室部分。

 

 

バスルームの横に流しが2つありますが、それとは別に冷蔵庫の上にも流しが1つありました。

 

 

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

バスルーム。

 

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

 

  • バスルームには流しが2つ。
  • 寝室との仕切りは扉ではなくカーテンのみでした。
  • 温泉のような巨大なバスタブがあります。

 

まあこういうリゾートに泊まるにはカップルか夫婦でしょうから、仕切りに関しては問題ないと思います。

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ バスタブ

 

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

トイレはタイ式ハンドシャワー付き。

 

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

バスルームから見た庭の景色。

 

ガーデンヴィラのバスタブは問題あり

一つ難点を挙げるとすると、バスタブのお湯の溜まる速度です。

 

蛇口から流れるお湯のものすごく遅く、一杯になるまでに1時間近く要します。

 

しかも最初、故障していてお湯が出ず、コンシェルジュに連絡して修理してもらいました。

 

塀で囲われているので外からは見えません。

 

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

ブランコに揺られながらYouTubeの動画を観て寛ぎました。

 

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ

庭のテーブル。

 

ルームサービスはこのテーブルで頂きます。

 

フュージョンリゾート
追加料金無しで部屋で朝食を食べることが出来ます。

 

一昨年シンガポールで泊まったラッフルズホテルもそうでしたね。

僕は最終日は庭に朝食を持ってきてもらいました。

フュージョンリゾート・フーコック ガーデンヴィラ バスタブ

上述の、お湯が貯まるのに時間のかかるバスタブ。

 

プールに入る前に蛇口をひねってお湯を出し、ひと泳ぎし終わって忘れた頃に戻ってくるとようやくある程度溜まっていました。

ガーデンヴィラはレインシャワーしかない

最後にもう一つ問題点を
バスタブの奥にシャワーがあるのですが、天井に付いたレインシャワーのため、真上からお湯をかぶることになります。

 

これだと全身が濡れてしまうし、近くの床にも水が飛び散るので、ハンドシャワーと比較してかなり不便です。

そしてそのシャワーはトイレの真向かいにあります。

仕切りがなく、シャワーを使うとトイレ前の床も必然的に濡れます。

日本だったらもっと工夫すると思うのですが、その辺がまあ、ベトナム仕様?なのでしょうか。

ただし、僕が宿泊したガーデンヴィラよりも上のカテゴリーの部屋は、全室にハンドシャワーが完備し、仕切りもあるようです。これなら僕も次回はビーチヴィラに泊まろうと思います。

フュージョンリゾートフーコックは、同じプールヴィラでも、値段的にはダナンのバンヤンツリーの半額ほどですが、上記のようにスペックが若干劣るので、小さな欠陥に目をつぶれる人にはこのフュージョンをイチオシしたいです。

スポンサーリンク

フュージョンリゾート・フーコックのプール

Fusion Resort Phu Quocには、ヴィラのプール以外に2つの共用の大きなプールがあります。

 

一つはスパの近くにあるプール、もう一つはビーチサイドのプールです。

 

スパ近くのプール

まず、スパの奥にあるという静かなプールの方を見に行きます。

フュージョンリゾート・フーコック スパ プール

フュージョンマイア・スパを通り抜け、白い砂利の道をまっすぐ進みます。

 

フュージョンリゾート・フーコック スパ プール

フュージョンリゾート・フーコック スパ プール

プールに向かう途中、フーコック島の特産物である胡椒の木を見つけました。

敷地内には他にも何種類もの果物の木が植えてありました。

フュージョンリゾート・フーコック スパ プール

フュージョンリゾート・フーコック スパ プール

スパのプールです。

 

フュージョンリゾート・フーコック スパ プール フュージョンリゾート・フーコック スパ プール フュージョンリゾート・フーコック スパ プール フュージョンリゾート・フーコック スパ プール フュージョンリゾート・フーコック スパ プール

ビーチサイドにあるプールと違って、こちらはまず人がいません。

 

共用ですが、行けばほぼプライベートプール状態です。

 

フュージョンリゾート・フーコック スパ ジム

プールの横にジムがありますが、まず使っている人はいません。

 

みんな大体ビーチのプールの方に行っているか、1日2回無料のスパに行っていて忙しいからですね。

 

ビーチ沿いのプール

次にビーチ沿いのプールに向かいます。

 

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド  フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

こちらのプールは人が2,3人いましたが、ほんとにその程度です。どの部屋もプールヴィラですから、わざわざ来る必要がないのかも。

また、オフシーズンなので陣取る場所には困りません。

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

こちらはプールバー。

 

午後2時から5時までに行くと無料でアフタヌーンティーがいただけます。

プライベートビーチ

ビーチはメインプールの正面にあります。もちろんプライベートビーチなので、だれにも邪魔されずまったりと過ごすことが出来ます。

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイドフュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

デッキチェアも充分に数があります。

 

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

清掃スタッフが浜辺の砂を綺麗に整えていました。

 

フュージョンリゾート・フーコック ビーチサイド

カプセル型ソファーもたっぷりと用意されていました。

Fusion Resort Phu Quocはプライベート・ビーチなので、しつこく話しかけてくる物売りはいません。

 

ビーチ・アクティビティー
カヤックやビーチバレーなどのアクティビティも無料で出来ます。遊びたいときに近くにいるスタッフに声をかければ準備してくれます。

 

泳いでいる人は2人くらいしかいませんでした。別に泳いではいけないということではなく、みんな基本的にプールの方が好きみたいです。

 

海の透明度

パタヤやプーケットのパトンビーチよりは綺麗です。

一方でタイのリペ島やタオ島には敵わないと言ったレベルです。

 

現在が雨期で基本的に水が濁っていることも割り引いて考える必要がありますね。

ダイビングをするわけではないし、別にこれで充分だと個人的に思います。

 

以上がフュージョンリゾート・フーコックのビーチでした。

 

フュージョンリゾート・フーコックは陸の孤島

僕は今回、最初から最後まで結局ホテルからは一歩も出なかったので、他の賑やかなビーチには行っていません。

YouTubeで見た感じでは、同じフーコック島でも繁華街や有名なビーチに行けばそこそこ人でにぎわっているようでしたが、このフュージョンリゾート周辺は人っ子一人いないで静かでした。

当然、屋台もコンビニも一切ないので、買い出しをしてビーチで食べたい人は困ると思います。

 

ミニマートはホテル内にも、周辺にも一切ありません。

 

フュージョンリゾートが陸の孤島だということは事前に聞いていたので、僕はお菓子などの食料は予めバンコクからスーツケースに詰めて持ってきていました。

まあ、お菓子はともかく、ドリンクや食事はプールやビーチバーでオーダー出来ますし、後日書くようにそれらの値段も非常に良心的なので、滞在中、食べ物で不自由することはありませんでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事