インターコンチネンタル パタヤ ロビー
スポンサーリンク

パタヤへの2泊3日の小旅行の続きです。

前回はバンコクから車で3時間半の道のりを経て、ビーチリゾートのパタヤに向かうところまでを書きました。

 

スポンサーリンク

インターコンチネンタル・パタヤ・リゾート

パタヤで宿泊したのは、パタヤ南部にあるIntercontinental Pattaya Resort( インターコンチネンタル パタヤリゾート)。

インターコンチネンタル パタヤ ロビー

インターコンチネンタルのロビー

 

料金などの詳細は上の関連記事をご参照ください。

インターコンチネンタル パタヤ リゾート

 

ロビー

インターコンチネンタルのロケーションは、ゴーゴーバーなどで有名なウォーキングストリートのさらに南、老舗ホテルであるロイヤルクリフ・ビーチリゾートがあるのと同じ丘の上です。

インターコンチネンタル パタヤ ロビー

そのため、徒歩で市内中心部にアクセスするのはほぼ不可能ですが、ホテルのレセプションやオーシャンビューの部屋から見るビーチは絶景です。

インターコンチネンタル パタヤ ロビー

ロビーから見えるビーチ

 

インターコンチネンタル パタヤ ロビー

インターコンチネンタル パタヤ ロビー

ちなみにチェックインを担当したコンシェルジュは中国人でした。

 

スポンサーリンク

インターコンチネンタル・パタヤの部屋

せっかくの眺望の素晴らしいホテルなので、今回はガーデンビューではなく、オーシャンビューの部屋を予約しました。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー 部屋

50平米はある、広めの間取りのオーシャンビュールーム

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー 部屋

僕たちの部屋は、3階建ての建物の3階部分でした。

 

インターコンチネンタルはすべての建物が低層のホテルです。

 

建物が低層でも、ロケーションが丘の上なので、海はしっかりと見えるわけですね。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー 部屋

キングサイズベッドをリクエストしていましたが、結局ツインベッドになりました。

 

ちょうどこの時期、日本ではゴールデンウィークと天皇陛下ご譲位による10連休で日本人観光客に加え、タイでも新国王の戴冠式で3連休。そのためタイ人も旅行に出かけてきたことでホテルはかなり混雑していました。中国人客の存在感も相変わらず大きかったです。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー 部屋

上述の通り、パタヤ中心部のホテルと比べて部屋は間取りに余裕があります。

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー 部屋

机がありますが、バンコクからパソコンを持ってこなかったので、滞在中は荷物置き場となりました。

 

Wifiは部屋を含め、ホテル敷地内はどこに行ってもサクッと繋げました。無料です。

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー 部屋

テレビでは一日中、新国王の戴冠式の様子が中継されていました。

 

バルコニー

「インターコンチネンタル・パタヤのバルコニーは広々としている」という感想をTwitterのフォロワーさんから頂きましたが、まさにその通りでした。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー バルコニー

右側に海が見えます。

 

写真の通り、完全なオーシャンビューと言うよりは、所謂パーシャル・オーシャンビューですね。それでもバルコニーに出ればしっかりと海は見えますし、ロビーからもよく見えるのでリゾートムードは充分です。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー バルコニー

バルコニーのチェア

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー バルコニー

 

いい景色だなぁ

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー バルコニー

パタヤ中央部の海とは雰囲気が違って静かです。

 

バスルーム

次にインターコンチネンタル・パタヤのバスルームを見てみましょう。下の写真は縦長のバスタブ。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー バスルーム

バスタブが縦に長いので、体を倒して横になると、ハンドシャワーが届きませんが、顔を洗う時だけ起き上がればいいので、それほどの不便はなかったです。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー バスルーム

トイレはタイ式ハンドシャワー。

 

写真には写っていませんが、トイレの左には仕切られたシャワーブースがあります。

インターコンチネンタル パタヤ アメニティー Harnn

アメニティーはタイの有名ブランド、HARNNでした。

 

このHARNNの石鹸がとても気持ち良かったと妻が言っていました。

スポンサーリンク

インターコンチネンタル・パタヤの2つのプール

プールは敷地内に隣り合わせで2つ。どちらも深いタイプではなく、子供も大人も楽しめる感じでした。

インターコンチネンタル パタヤ プール

ロビーから見て左のプール

 

インターコンチネンタル パタヤ プール

デッキチェアに座っていると、スタッフが必ず冷たい水のペットボトルを持って来てくれます。

 

インターコンチネンタル パタヤ プール

ロビーから見て右側のプール

 

こちらのプールは子供スペースを広めに取ってあります。

インターコンチネンタル パタヤ プール

今回は夫婦ともにプールで少しは泳ごうと思ってパタヤにきたのですが、残念ながら、行ってみるとタイ人と中国人の子供がたくさん遊んでいました。

 

正直もう少し静かな方がいいな

 

ということで、滞在期間中に泳ぐのは諦めました。

インターコンチネンタル パタヤ プール

新国王の戴冠式や日本のゴールデンウィークの真っ最中だったのでしかたないのかもしれません。今回は断念するとして、次にパタヤに来るとしたら、もう少し静かな環境の時に来たいですね。

 

リゾート自体は南国ムードたっぷりなんですけどね。

 

プライベートビーチ

インターコンチネンタル・パタヤは崖の上に建っているリゾートのため、ビーチにアクセスする場合は、部屋からプール、プールからビーチへと階段を下りていくことになります。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー

階段の途中から見たビーチ

 

インターコンチネンタル パタヤ 敷地

階段か緩やかな坂を下りてビーチへ

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

プールとビーチの中間地点

 

インターコンチネンタル パタヤ 敷地

敷地内の噴水

 

インターコンチネンタル パタヤ 敷地 カート

とは言え、坂や階段が苦手な場合は、常に敷地内を巡回しているカートに乗って移動可能です。

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

だんだんビーチに近づいていきます。

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

ヒルトンやセントラルフェスティバルがあるパタヤ中心部は、インターコンチネンタルからは全く見えず、周囲が静寂に保たれているのがこのホテルの特徴です。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

インターコンチネンタルのプライベートビーチ

 

プライベートビーチなので砂浜も綺麗に整備され、歩いているのも宿泊客のみです。チェアもホテルのものなので自由に利用できます。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

夕方6時ごろのビーチは涼しい風が吹きとても心地良いです。

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

ロビーから見てビーチの右端

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

ビーチでもwifiはしっかりと繋がっていました。

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

上の写真はプライベートビーチ正面にあるホテル内の建物。

 

1階はバー、2階がビーチビューのレストラン(昼・夜営業)になっています。

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

目の前で夕日が沈むのをしっかりと見届けることが出来ました。

 

インターコンチネンタル パタヤ オーシャンビュー ビーチ

入籍直前に記念の一枚。

 

インターコンチネンタル・パタヤ内のレストラン

上述の2階がビーチビューになっている眺めの良い、Elementsというホテル内のレストランを滞在中、2回利用しました。

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

Elementsレストランの海側の席

 

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

どの席からもビーチが見渡せます。

 

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

ピザ・マルゲリータ

 

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

マッシュルーム・スープ

 

マルゲリータピザだけでも税サ込みで500バーツほど、マッシュルームスープを合わせると二品で800バーツを超えました。高いですが5つ星ホテルとしては許容範囲ですね。

どちらも美味しかったし、わざわざパタヤ中心部に行くのも面倒なので、たまにならホテルでの食事もありだと思います。

Elementsレストランは、翌日の夕食時も利用しました。

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

ゴールデンウィークとタイの3連休で席はほぼ満席

 

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

夜はシンガーも登場

 

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

シーザーサラダとリゾット

 

インターコンチネンタル・パタヤ レストラン

ハッピーアワーでドリンクがBuy 1 Get 1 Free。ビールとコーラを注文しました。

 

上の写真以外にもマッシュルームスープを注文し、ディナーの会計は1700バーツ超でした。

インターコンチネンタル・パタヤの朝食

パタヤ2日と3日目は、宿泊しているインターコンチネンタルで朝食ブッフェを頂きました。

インターコンチネンタル パタヤ ロビー

やはり連休のため、朝食会場は混んでいました。

 

インターコンチネンタル パタヤ ロビー

僕が入った時は大丈夫でしたが、出るときは何人かが外で順番待ちで待機していました。

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

屋外テーブル

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

屋外テーブルからはビーチが見渡せます。

 

テーブルは室内と屋外がありますが、外は暑いので僕たちは室内に着席しました。

インターコンチネンタル パタヤ 朝食会場

室内の方が食事を取りに行きやすいし、涼しくて快適です。

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

パンやカップケーキ、ドーナツ、ワッフルなど

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

5つ星ホテルなのでおかず類も豊富。タイ料理も西欧料理も充分な数がありました。

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

ヨーグルト、サラダ、果物がずらり

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食 インターコンチネンタル パタヤ 朝食

搾りたてのフルーツジュース

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

オーダーメイドのクイッティアオ・カウンター

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食 クイッティアオ

出来立てでアツアツの牛肉のクイッティアオを頂きました。

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

オムレツカウンターでオムレツを頼んだら、なぜかタイ風のカイジアオの形になっていました。

 

たぶんタイ人妻が注文したのでチェフが忖度したのかな(笑)

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

翌日に僕がオムレツを頼んだら、従来のオムレツの形に作ってくれました。

 

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

朝食会場の様子

 

インターコンチネンタル・パタヤの朝食ブッフェは、多過ぎず、少な過ぎずで調度良い品数だったと思います。

インターコンチネンタル パタヤ 朝食

朝食会場を出てすぐの所にトイレがあります。

 

以上がインターコンチネンタル・パタヤの朝食でした。ちなみに、朝食会場はディナーの時間帯になるとディナーブッフェのレストランになります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事