センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム ソファー
スポンサーリンク

こんにちは、タイランドエリート会員ニートのMachaです。

今から4か月ほど前の記事では、バンコクでの生活費として僕がどのくらい支出しているかということで、その内訳をレビューしてみました。

 

 

スポンサーリンク

不労ニートがバンコクで月100万円は使い過ぎだ

その結果、当初は50万円程度かなと思っていた生活費が、実際は毎月ほぼ100万円を使っていることが判明しました。

でも、配当金等の不労所得が100万円以上あるとはいえ、これではちょっと贅沢をし過ぎで、「ニートの癖に身の程を知れ!」って感じですよね。

 

これはさらに削らなければ!

 

少しでも出費を減らせば、その分、貯金も出来るし、優良企業の株式を購入することだってできます。特に後者はアーリーリタイアには重要です。

そこで、今回は、生活費をさらに切り詰めた状態での直近の1か月あたりの生活費内訳を公開してみたいと思います。

スポンサーリンク

節約後のバンコクでの1か月あたり生活費

以下の表が、節約後の1か月あたり生活費です。

項目 予算 備考
食費 ¥217,544 1日2000バーツ
書籍代 ¥15,000
リゾート旅行代 ¥100,000 ホテル、航空券込み
コンドミニアム ¥157,895 駅近、約50平米、月45000バーツ
水道光熱費 ¥12,281 月3500バーツ
インターネット(3BB) ¥2,218 月632バーツ
インターネット(AIS) ¥1,579 月450バーツ
ウイルス対策ソフト ¥1,393
クレジットカード会費 ¥8,460 2枚で年101,520円(ANA プラチナ等)
タイランドエリート ¥29,240 5年50万バーツを毎月減価償却
携帯電話料金 ¥10,000 ドコモ
一時帰国航空券代 ¥70,000 ANAエコノミークラス
クリニック ¥43,275 Jクリニック(整体、体幹強化)
診察料・薬代 ¥6,350 歯科、眼科など(日本)
娯楽費・被服費 ¥70,175 月20000バーツ
 合計 ¥745,410

 

マーカーで色付けした部分が、前回と比較して切り詰めた費用です。

スポンサーリンク

旅行代の削減

まずは「リゾート旅行代」というか所ですが、前回の20万円を、10万円に削りました。

以前は、例えばベトナムのフーコック島やダナンではいずれも高級ホテルのプールヴィラに宿泊(それぞれ3,4泊)し、宿泊費が高額になることで(航空券はエコノミークラス)、旅費を1回あたり20万円で見積もっていました。

プールヴィラ フュージョンリゾート・フーコック プールヴィラ

写真はフーコック島のフュージョンリゾートのプールヴィラ

 

でも今後は、20万円を半額の10万円ほどに抑える努力をしてみようと思います。

例としてマレーシアに3泊4日なら、仮に5つ星ホテルに泊まっても、宿泊費は1泊2万円×3泊=6万円。

航空券もタイ航空(バンコクーKL間)のエコノミークラスで往復2万円×2人=4万円となります。

スリアKLCC 

クアラルンプールのKLCC公園

 

これを合わせれば旅行1回あたり10万円(シンガポールならもう少しアップ)。

 

しかも毎月旅行に行くとは限らないので、この10万円が発生しない月もありますよね。

 

いずれにしても、最低でもこれで旅行代金を月20万円→10万円にカット出来ました。

ビジネスクラスをエコノミークラスにグレードダウン

旅行代金以外にもう一つ削る部分があるとすれば、僕の一時帰国の際の航空運賃だと思います。

ANA ビジネスクラス 機内

これまではANAのビジネスクラスで往復21万円は使っていました。

ビジネスクラスにひたすら乗っていたのは、単純に快適性を考えてのことですが、もう一つの理由は、いわゆるANA SFC修行でした。

 

 

そのSFC修行も、8月にANAプレミアムポイントが5万ポイントに到達したことで、ついに「SFC解脱」することが出来ました。

 

 

 

これで妻も僕も夫婦でANA SFC会員です。

 

一旦SFCになった以上、今後は僕さえ少し我慢してANAのエコノミークラスに乗れば、航空券代はかなり節約することが出来ます。

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

写真はANAプレミアムエコノミー

 

エコノミークラスは確かに苦行ですが、エアアジアやノックスクートのようなLCCよりはマシですよね。

エコノミークラスの東京―バンコク往復の最安値は約7万円なので、21万円ー7万円=14万円はカットできます。

タイランドエリート会員であることにも変わりはないので、空港VIPサービスも今まで通り受けられます。

タイランドエリート 入国審査

タイランドエリート専用レーンでイミグレでの待ち時間はゼロ

 

上述の通り、リゾート旅行は毎月行くわけではないので、旅行に行かなかった月は、その分のお金を一時帰国時のフライトをビジネスクラスに戻すことも可能です。そこは柔軟に対応したいですね。

 

※補足
「一時帰国を減らせばいいじゃないか」と突っ込んでくる人もいると思うので、念のため補足しておきますが、僕は都合によりどうしても現時点ではほぼ毎月、日本に戻る必要があります。

 

まあ、今やっている会社を売却すれば、もう帰国する必要もないのですが、今の時点ではまだ会社は大事な金のなる木なので、手放していません。

話が複雑になるので今回は触れませんが、僕の不労所得は株式の配当金だけではなく、それ以上に自分の事業の看板(自分でほぼ働かなくてもよい部分)で不労所得を得ています。

タイランドエリートの詳細については、以下のリンクの日本代理店さんのHPをご参照ください。

タイランドエリートとは

1か月75万円生活

以上を鑑みると、旅行代と帰国代を少し減らしただけで、1か月100万円の生活費を、75万円に削減することが出来ました。

毎月80万円以下でバンコクで楽な生活が出来ると考えると、何だかすごく気が楽になります。

手を加えたのはあくまで旅費関係のみなので、現在のプロンポンという、バンコクでは日本人にとって最も快適なエリアのコンドミニアム生活もそのまま続けられます。

エムクオーティエ ラウンジ

タイランドエリート会員も使えるエムクオーティエ(プロンポン)のScarlet & Platinum Lounge

 

それに、食費もまったく削減せずそのままなので、いきなり屋台料理などのひもじい暮らしになるわけでもありません。

以上、当面は月75万円でバンコク・セミリタイア生活をしてみようと思います。

タイランドエリート

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事