スワンナプーム空港イミグレ
スポンサーリンク

こんにちは。タイランドエリート会員ニートのMachaです。

ここでは、私がタイランドエリート入会の決断をするきっかけになった事件について書きます。

私と同じセミリタイヤ、あるいはノマド、ニートの人で、似たような生活スタイルをしている人がいれば参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

4回目の入国時にあわや入国拒否

それは昨年2017年月、シンガポールからバンコクに戻ってきた時のことです。

 

空路でシンガポールで3泊してきたので、もう30日タイでのんびりしよう♪

 

 

この時点で既に同年中に3回のノービザ滞在をしていました。

 

具体的には、以下のようなスケジュールでタイへの行き来をしていました。

 

  1. 2月中旬入国:タイに16日滞在して日本に帰国(次回訪タイまで日本滞在)
  2. 4月末入国:タイに3週間滞在して一時帰国(次回訪タイまで日本滞在)
  3. 6月初頭入国:タイに28日ほど滞在して一時帰国(次回訪タイまで日本滞在)
  4. 7月中旬入国:タイに28日ほど滞在
  5. 8月11日:ノービザ30日をオーバーする前に出国→シンガポールで3泊4日してタイに再入国
  6. 8月14日:シンガポールからスワンナプーム空港に戻ったところで問題発生

 

そして結論を先に言いましょう。

なんと、4回目の入国時に、僕の経験では初の条件付き入国という判断をされてしまったのです。

スポンサーリンク

4回目の入国時に条件付き入国(最後通告)

僕がノービザでのタイ入国拒否について懸念していたことは、これまでにもブログに書いてきました。

でもついにここで恐れていた結果が出てしまったわけです。

つまりはこういうことです。

 

「今回は入国を許可します。でも次はビザを取って入国してくださいね」

 

そして、その旨の注意書きを、パスポートにメモとして書かれてしまった次第です。

 

航空券代とホテル代は無駄にならなかった

と言うわけで、僕が予約していた翌月の帰国用の航空券と、今回の24泊分のホテル代は無駄にならないで済みました。

しかし、今度タイに来るときは、仮に短期間のステイでも、ビザ無しでは入国できないという結論が分かってしまったわけです。

これから今後の作戦を立てなければならなくなりました。

 

つまり2,3日のタイ旅行であってもビザが無いと入国出来ないという状況です。

 

実を言うと、こうしてイミグレでトラブルになることも考慮していたので、次回の訪タイ予定は立てていませんでした

次回入国できるか分からないのに、何か月も先のチケットやホテルを予約するわけにはいきませんからね。

スポンサーリンク

スワンナプーム空港のイミグレでのやり取り

では、イミグレで何が起こったかを具体的に書いておこうと思います。

まず、上にも書いた通り、3回目のノービザ滞在の後、もう一度ノービザ入国をするために、3泊4日でシンガポールに旅行に行ったのでした。

 

もちろん空路です。

 

シンガポール旅行後、シンガポール航空でスワンナプーム空港に到着後、搭乗券とパスポート、そして入国書類を持って審査の列に並びました。

列は幸いにも空いていたので、僕の順番もすぐに回って来ました。

しかし、審査官に書類を渡した途端、審査官の表情が突然変わり、目を細めて僕のパスポートをパラパラめくりはじめました。

その時、頭が真っ白になりました。

 

気持ちはガクブル。

 

外国の空港に来ると、まるで動物病院に連れて行かれた猫のような立場になります。

 

今から別室に連れて行かれるんだなと最悪の状況を覚悟した瞬間、窓口の審査官が手招きしました。

 

不法就労の疑いを受ける

そしてカウンター越しに会話が始まりました。どうやら別室ではなくその場で事を済ますようです。

 

あなたはタイで働いていますね?

 

いいえ、休暇で来ているだけです。

 

しかし入国スタンプの数が多過ぎます。

 

前回までで、まだ3回しか入国していません。

 

それはリミットをオーバーしています。

 

そんな回数制限なんてなかったのに

 

 

今回は30日の入国を許可します。次回はビザを取ってきますね?必ずビザを取得しますね?観光ビザ、留学ビザやタイランドエリートなど、ビザは複数ありますから。

 

 

分かりました。今度は必ずビザを取ってから来ます。

 

以上が入国審査での会話のやり取りでした。

 

パスポートに注意書きを書かれる

なので、僕のパスポートのスタンプには、「次回はVISAを取得すべし」と手書きのメモがあります。

 

強制退去という最悪の事態は免れましたが、これでノービザではタイに居られなくなってしまった次第です。

 

僕もついに「問題あり」の烙印を額に押されてしまったような心境です。

 

もし次にビザなしでタイに来たら入国拒否確定ですからね。

 

誠に悔しいですが、タイで働いていないことは証明のしようがありませんからね。

もうノービザでタイに入国出来なくなった

僕の今後の対策はこれから考えるとして、これで次回はノービザではタイに入国出来なくなりました。

現実的な策として思いついたのは、次の二つです。

 

  1. 次にタイに来るとき、現在在籍しているタイ語学校で長期の契約をしてEDビザ(留学ビザ)をもらう
  2. ラオスのビエンチャンでタイの観光ビザを取得してからタイに入国する。

 

 

※後日談
この時点では、先ほどのイミグレでの会話でさりげなく「観光ビザ、留学ビザやタイランドエリート」の単語が出てきていることを忘れていました。

 

 

厄介なのは、次回はどんなに時間的な感覚を空けても、そして30日以内の滞在であっても何かしらのビザが求められる状況になってしまったことです。

これまでは空路であれば何とかなっていたのですが、今はもうそれすらダメというわけです。

もう、ほとぼりが冷めたら、とか、30日以内の滞在に抑えればいいという理由でノービザ入国を選べるわけではないのです。

 

これはセミリタイヤでノービザ等でタイに滞在している人、あるいはノマドとして各国を渡り歩き、タイに数週間留まってコーヒーショップなどで仕事をしている人にとっても他人事ではありません。

 

というわけで、後日、タイランドエリートという選択に行き着くのでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事