タイランドエリート 入国審査
スポンサーリンク

前回まで複数回にわたりベトナムのフーコック島にあるフュージョンリゾートのレビューをしてきましたが、ついに帰国日がやって来てしまいました。

 

帰国と言っても、僕の場合は日本ではなくバンコクですけどね。

 

スポンサーリンク

ホテルからフーコック空港までのアクセス

それでも、フュージョンリゾートで過ごした4泊5日は楽園生活そのものでした。去年に続いてリピートした価値は充分にあったと思っています。

フュージョンリゾート・フーコック プールヴィラ

最後の朝食を食べた後は、部屋に戻ってヴィラのブランコに揺られながら、チェックアウトの時刻を待ちます。

専用車、シャトルバス共に可能

フュージョンリゾートからフーコック空港へのアクセスは、プライベート車での送迎を予約してあります。

ホテルから空港へはおよそ40分、送迎代金は往復で52米ドルです。

補足しておくと、今回、僕たちは有料の専用車を利用しましたが、フュージョンリゾートー空港間には無料のシャトルバスが運行しています。

フライトの時間にマッチする方は、無料シャトルバスを活用されるとよいと思います。以下が時刻表です。

 

フュージョンリゾート発 フーコック空港発
8:00 9:00
10:00 11:00
12:00 13:00
14:00 15:00
16:30 17:30
18:30 19:30

 

僕たちはシャトルバスでも充分にタイミングは良かったのですが、専用車の送迎代金がそれほど高くなかったので、有料の方にしました。

スポンサーリンク

フーコック国際空港

予定通り、車は40分ほどでフーコック空港に到着。

フーコック空港 ベトナム

オープンしたばかりのピカピカのフーコック空港

 

フーコック空港 ベトナム

綺麗だけど何もないフーコック空港

 

フーコック空港 ベトナム

上の写真は到着フロアのコーヒーショップですが、休業中

 

国際線の就航都市が増えたフーコック島

バンコク行きのバンコクエアウェイズのカウンターでチェックインを済ませました。

ここで気付いたのですが、去年来た時よりは国際線のフライトの数が増えているようでした。

現在では韓国のソウルとフーコック島もベトジェットで結ばれていますし、エアアジアが中国の都市にも就航していることが分かりました。

ベトナム国内では、ホーチミン、ハノイ、ハイフォンからベトジェットやベトナム航空が飛んでいます。

フーコック空港 ベトナム

チェックイン後は、時間までコーヒーショップで暇つぶし

 

フーコック空港 ベトナム コーヒーショップ

チェックインカウンター前にあるコーヒーショップでは、ベトナムドンのみしか使えませんでしたが、少額の支払いでもクレジットカード決済が可能だったので助かりました。

今回もフュージョンリゾート内だけで過ごしたので(支払いはチェックアウト時にカード決済)、ベトナムドンを持っているはずがありませんからね。

レシートにwifiのパスワードが書かれていたので、ここでしばらくFXやTwitterで暇つぶしをしました。

フーコック空港 ベトナム コーヒーショップ

バゲットは300円、コーラは150円くらいでした。

 

出発時刻が近づいてきたので、荷物検査を受けて制限エリアに入りました。

国内線はホーチミン行きなどでそれなりに人の流れはあるのだと思いますが、国際線に関しては、便数が去年より増えたとは言っても、数えるほどしかないので、一軒のコーヒーショップを除いてどのお店も営業していませんでした。

フーコック空港 ベトナム

制限エリアはどのお店も閉まっている。

 

当然ですが、ラウンジなんてありません。

 

というわけで、出発の案内があるまでは座って待つのみです。

スポンサーリンク

バンコクエアウェイズ搭乗

その後、定刻に出発というアナウンスがあり、バンコクエアウェイズの機内に搭乗。

乗客を数えましたが、バンコクからの往路と同じく、20人いない程度でした。旧式の小型機ではありますが、それでも20人ではガラガラです。

このフライト、いつまで続くのだろうと不安になりますね。来年バンコクからフーコック島に再訪しようと思ったら、直行便が廃止されているという可能性は充分にありそうです。

タイランドエリートで楽々入国

バンコク到着後、タイランドエリートのEPA(Elite Personal Assistant)が搭乗口付近で出迎えてくれ、入国審査の優先レーンに向かいます。

タイランドエリート 入国審査

左の優先レーンはガラガラ、右の一般レーンは長蛇の列

 

優先レーンは誰一人として並んでいなかったので、入国審査はあっという間に終わりました。

そしていつも通りタイランドエリート会員専用の到着ラウンジに入り、飲み物を頂きながら、係員が預け荷物の集荷をしてくれるのを待ちました。

タイランドエリート 到着ラウンジ

タイランドエリートの到着ラウンジ

 

タイランドエリート 到着ラウンジ

タイランドエリート到着ラウンジ内部

 

タイランドエリート 到着ラウンジ

プライベートな空間で充分に寛げました。

 

預け荷物を受け取った後は、空港の出口を出て、出口付近で控えているBMWに乗ってバンコクの自宅まで送迎してもらいます。

タイランドエリート BMW 送迎

BMW車内

 

フーコック島からバンコクまでは直行便で1時間半程度のフライトですし、スワンナプーム空港に着いてからはタイランドエリートのサービスをフル活用できますので、実にスムーズな帰路でした。

タイランドエリートのサービスは国際線のみが対象

タイランドエリートのサービスについて馴染みのない方のために書くと、このスワンナプーム空港内でのラウンジサービス、そしてBMWの送迎サービスは、あくまで国際線を利用した場合に限ります。

つまりバンコクからプーケットやサムイ島に行く場合は、国内線扱いとなりますので、サービスの対象外になります。

僕たちは今回ベトナムのフーコック島に行ったので、距離は短くても国際線ということで、上記のサービスを受けることが出来た次第です。

以上が4泊5日のフーコック島旅行でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事