ルールナンバーワン投資法
スポンサーリンク

ルールナンバーワン投資法の第5弾です。

まずはおさらいとして、ルールナンバーワン投資法では、これまでに「自分が投資したい企業が堀を持っているか」を検証する方法として、以下の5つの指標について触れました。

 

  1. ROIC(投下資本利益率)
  2. BPS(1株あたり純資産)伸び率
  3. EPS(1株益)伸び率
  4. 売上高伸び率
  5. フリーキャッシュフロー伸び率

 

そして前回は一番目の投下資本利益率(ROIC)の概要と算出方法を説明しました。

キャッシュを元手にして、それによって生み出した収益をパーセンテージで表した指標がROICです。

その上で、ROICが過去10年間で平均10%以上でない限り、その企業は投資に値しないという結論を出しました。

 

さらに具体的に言えば、出来れば過去10年の平均、5年の平均、前年度1年分の3つのROICをチェックし、これらが上昇あるいは横ばいであるのが理想です。

 

せっかくROICを計算するなら、同業他社、つまりライバル企業のROICも算出し、数値を見比べてみるといいでしょう。

以上が前回までのおさらいです。

 

スポンサーリンク

BPS(1株あたり純資産)伸び率

ROICの次に重要なのは、1株当たり純資産伸び率(BPS伸び率)です。

前回の内容とも重なりますが、純資産は、会社の貸借対照表の総資産から負債を引いたものです。つまり純資産は、会社に残ったお金=株主のお金(株主資本)です。

その純資産を発行済み株式数で割ったものが、1株当たり純資産(BPS)となります。

日本の上場企業の場合、「決算短信」を見れば1株当たり純資産は最初の目次のページに書かれています。

 

でもここで知りたいのは絶対値ではなく、あくまで伸び率です。

 

数値よりも伸び率に着目

純資産がしっかりと伸びていれば、余ったキャッシュを蓄積する能力がその企業にあることを意味しているというわけです。

だって最初にも書いた通り、純資産というのは会社に最終的に残ったお金、つまり株主資本ですよね。

ベンジャミン・グレアムの著書「証券分析」には、以下のような記述があります。

 

大部分の企業は、現状を維持し競争に遅れないようにするために、設備や研究開発に収入をそっくりそのまま投入しなければならないので、純資産を蓄積できない

ベンジャミン・グレアム著「証券分析」

 

だからこそ、毎年さらに多くの純資産を蓄積している企業を探すことに意味があるというのが、ルールナンバーワン投資法の考え方です。

 

それゆえに、1株当たり純資産伸び率をチェックするわけですね。

 

スポンサーリンク

BPS(1株あたり純資産)伸び率の計算方法

僕は数学が大の苦手なので、BPS(1株あたり純資産)伸び率を計算するときは、インターネットのツールを使っています。

 

 

上記のサイトの「Present Value」に過去の純資産、「Future Value」に直近の純資産を入力し、最後に「Years」に年数を入力して、「計算」ボタンを押すと、その期間の純資産伸び率が算出できます。

例えば「Present Value」に"10"、「Future Value」に"20"と入力し、「Years」に"5"と入力して計算すると、14.87%という結果が表示されます。これが過去5年間の一株当たり純資産伸び率になります。

後日紹介するEPS(1株益)伸び率、売上高伸び率、フリーキャッシュフロー伸び率も全く同じツールで計算できます。

おそらく上記のツールが無くても、エクセルあるいは別のツールでも計算が出来ると思います。

スポンサーリンク

BPS(1株あたり純資産)伸び率を計算する

実際に、僕が興味を持っているタイ株のバムルンラード病院(Bumrungrad Hospital )の一株純資産伸び率を計算してみました。

すると、以下のような結果となりました。

 

  1. 10年平均:16%
  2. 5年平均:16%
  3. 過去1年:13%

 

というわけで、10年間で平均10%という基準を満たしていることが分かります。

 

直近の1年だけ伸び率が若干鈍化しているので、決算書などを読んでその原因を突き止めてみると良いかもしれません。

いずれにしても、年々伸び率が鈍化しているという状況ではなさそうです。

病院産業に興味のある方は、バムルンラード病院以外にもバンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズ(BDMS)やほかの病院と比較してみることをお勧めします。

ちなみに、過去にも所々で触れましたが、僕が資産のほとんどを投資している某医療系企業(日本企業)の1株当たり純資産伸び率は以下の通りです。

 

  1. 10年平均:26%
  2. 5年平均:29%
  3. 過去1年:23%

 

ほぼ横ばいであることが分かります。しかも10%どころか、20%台を10年維持しているというのは冒頭で述べた「堀」が存在していることを裏付けていると思います。

 

自画自賛(笑)

 

BPS(1株あたり純資産)伸び率まとめ

今回までに、5つの指標の内、ROICおよびBPS伸び率の2つを紹介してきました。

もし既に投資している企業がある方は確認の意味で、また、これから何に投資しようか調べている方は、それこそ購入する銘柄を選ぶ基準として、BPS(1株あたり純資産)伸び率を計算してみてはいかがでしょうか?

僕は企業分析が趣味なので、面白そうな企業を見つけた時は、かならず冒頭で触れた5つの指標を算出しています。

 

その時に真っ先に計算するのが、ROICとBPS伸び率なのです。

 

これら2つの指標の結果が良い場合、これから紹介するEPS(1株益)伸び率、売上高伸び率、フリーキャッシュフロー伸び率も優秀な可能性が高いですね。もちろんそうは決めつけずに全指標、計算はしていますが。

僕は、「配当利回りが高いから」とか「インフラ企業だから」とかいう理由で投資銘柄を選ぶようなことはしていません。

もちろん、配当が高ければ嬉しいですし、僕も毎年、もらえる配当金以上の支出はしないようにしています。でも配当はあくまでおまけとみなし、やはり成長して大きく株価が上がる企業に投資したいというのが僕の考えであり、ルールナンバーワンの教えでもあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事