家樂福 カルフール 台北 重慶店
スポンサーリンク

中山のオークラプレステージホテルを正午にチェックアウトした後、20時過ぎのバンコク行きのエバー航空のフライトまで、まだ8時間以上ありました。

 

今回は台北に1泊しかしなかったので、最後に少しでも買い物や観光をしようと思い、ホテルで荷物を預かってもらった後は、徒歩で中山エリアの散歩に出かけました。

スポンサーリンク

誠品R79(書店街)

数回前の記事でも書きましたが、淡水信義線の台北車站、中山駅、双連駅の3駅は地下街で繋がっています。今回はオークラプレステージホテルのある中山駅から一駅北の双連駅まで歩いてみました。

中山駅 地下街

帰国してネットで調べるまで気づきませんでしたが、この中山駅から双連駅までの地下通路にある書店街は、誠品R79と言ってアジアでは最大規模の地下書店街だそうです。

誠品R79

たしかに途中で本屋を何軒も見かけました。もちろん書店以外にもファッション系やお土産の店も揃っています。

誠品R79

一駅分歩くことになりますが、地下街なので涼しいし、道もフラットなので疲れないし、楽しみながら歩けます。

 

中山駅 地下街

有難いことに、地下街ではwifiが無料で使えました。電話番号等の入力は不要です。

 

 

楽田面包屋 捷運双連門市(日本式ベーカリー)

双連駅側に到着すると、楽田という日本式のベーカリーを偶然見つけました。

ベーカリー 楽田

楽田は台北市内に複数店舗展開しているようです。

 

楽田面包屋 捷運双連門市

 

10491 台湾 Taipei City, Zhongshan District, Minsheng West Road, 47號B1(1 號 出口 內

 

 

ベーカリー 楽田

日系ではなく台湾人が経営しているパン屋だそうなので、クオリティーを試してみようと思い、いくつか購入してみました。

ベーカリー 楽田

1個35元くらいからありますね。

 

ベーカリー 楽田

バンコクのエンポリアムにあるパン屋さんより美味しそうです。いや、絶対に美味しいです。食欲をそそりますね。

ベーカリー 楽田

サツマイモパンやカボチャパンもあります。

 

ベーカリー 楽田

 

食事前じゃなければシナモンロールとかも試してみたかったなぁ。

 

 

ベーカリー 楽田

これからランチもあることだし、今回はチーズパンや甘い系のパンを少しだけ試してみました。

 

結果、日本のクオリティーの高いベーカリーと同程度、いや、それ以上の美味しさでした。

 

台湾人経営者さん、すごいなぁ!

 

また次回台湾訪問時に食べに来たいと思います。

MRT淡水信義線の双連駅内マッサージ店

双連駅の出口付近に、マッサージ店が何軒かあります。メニューを見るとかなり怪しげですが、店内は透明で普通にマッサージをしていたので、健全なお店のようです。

台北 双連

このお店は昨年の台北訪問時にもブログで紹介しましたね。

 

スポンサーリンク

雙連朝市

地下を歩いて双連駅に着いたので、ここで地上に上がります。そして出口を出たところにあるのが、双連朝市という市場です。

雙連朝市

もう昼を過ぎていましたが、屋台は雨の中、営業していました。

 

 

雙連朝市

 

No. 5-1, Lane 45, Minsheng West Road, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 10491

 

メニューは中国語ですが、何となく意味は分かるし、値段の相場が分かりますね。

雙連朝市

タイの屋台と同じくらいの物価のようです。

 

雙連朝市

食べ物屋台はどの席も満席に近かったです。

 

雙連朝市

日本式の今川焼のお店もありました。1個15元と書かれています。

 

雙連朝市を過ぎた後は、目的地である台湾茶の卸売店に向かって歩きました。

台北 カルフール

スポンサーリンク

林華泰茶行で卸価格で台湾茶を購入

そしてやって来たのが、昨年と同じ林華泰茶行というお茶の問屋さんです。

林華泰茶行

 

No. 193號, Section 2, Chongqing North Road, Datong District, Taipei City, 台湾 103

 

林華泰茶行 台北

林華泰茶行

林華泰茶行については昨年度の台湾旅行記でも取り上げました。とにかくお茶が安いのです。

 

店内はデパートなどの小売店とは異なり非常に殺風景ですが、店の人は気さくで日本語も通じます。

林華泰茶行 台北

このドラム缶に茶葉が入っています。

 

僕の目的は阿里山高山茶というウーロン茶を購入することです。

 

林華泰茶行 台北

日本語で「ありさん」と言ったら一発で通じました。

 

阿里山高山茶は1斤(600グラム)800元です。

 

僕は2斤、1600元分を購入。すべてタイの自宅コンドミニアムで自分が飲むためのものです。パイナップルケーキと一緒に食べるのも合いそうです。

注文すると、茶葉が保管されている別の部屋に案内され、シャベルで茶葉をすくって、匂いを嗅がせてくれます。

林華泰茶行 台北

匂いを確認してこちらがOKと言うと、真空パックに入れてくれます。

 

真空パックは150グラムと300グラムの2種類がありますが、鮮度を保つためにも、すべて150グラムでお願いしました。もちろん料金は同じです。

阿里山高山茶 林華泰茶行

これで台湾茶を買うという目的は達成しました。お茶をリュックに入れて、次の目的地に向かいます。

カルフール 重慶店

その目的地が、スーパーのカルフールです。

家樂福 カルフール 台北 重慶店

ありがたいことに、カルフールの重慶店と言う店舗が先ほどお茶を購入した林華泰茶行の同じ通り、しかも徒歩2,3分のエリアにあるのです。

 

カルフール 重慶店

 

No. 171號, Section 2, Chongqing North Road, Datong District, Taipei City, 台湾 103

 

早速カルフール重慶店の中に入ります。

台北のカルフールの特徴としては、普通のスーパーと同様に食料品や日用品が安く買えることに加え、台湾の土産物コーナーも設置されていることです。

家樂福 カルフール 台北 重慶店

スーパーは地下1階と地下2階にあります。

 

家樂福 カルフール 台北 重慶店

家樂福 カルフール 台北 重慶店

台湾土産コーナー。

 

パイナップルケーキやヌガーなど、定番のお菓子屋お土産がずらりと並んでいます。

家樂福 カルフール 台北 重慶店

家樂福 カルフール 台北 重慶店

日本のプリッツやキャンディーも近くに置いてありましたが、値段が日本の2倍くらいするのですぐに気付くと思います。

家樂福 カルフール 台北 重慶店

台湾茶も置いてありますが、先ほどの林華泰茶行で卸価格で買った方がはるかに安いです。カルフールではあくまでバラマキ品のみを買った方がいいでしょう。

家樂福 カルフール 台北 重慶店

僕は台湾名物、牛肉麺のカップラーメンを購入しました。

 

僕のタイ人彼女も台湾土産をポンポンとカゴに入れていきます。

家樂福 カルフール 台北 重慶店

タイ人は同僚などが土産物のリクエスト、いわゆる代理購入を平気でしてくるので大変です。たいして面識もない人が「○○を買ってきて」と平然と頼んでくるのはタイの文化なのでしょうね。

家樂福 カルフール 台北 重慶店 家樂福 カルフール 台北 重慶店

外国のスーパー巡りは楽しいものです。

 

なんとエスカレーターの途中にも商品が陳列されています。

家樂福 カルフール 台北 重慶店

この導線、商売根性が凄いです。

 

これでカルフールでのショッピングも無事終了。僕とタイ人彼女で合わせて1000元くらいの買い物をしました。

最後に牛肉麺を食べて桃園空港へ

お茶も買ったし、カルフールでショッピングもしたので、台北最終日の任務はこれですべて終了です。

台北 フードコート

最初に来た道をそのまま遡り、淡水信義線中山駅まで徒歩で戻って来ました。

台北 フードコート

そして中山駅から荷物を預けているオークラプレステージホテルの途中にあるフードコートで遅いランチを食べました。

僕が注文したのは牛肉麺。今回の台北旅行ではこれが初めてです。

台北 フードコート 牛肉麺

牛肉麺は牛肉を使っている分、他の屋台料理よりも値段が高く、フードコートでも160元くらいはかかります。

 

でも美味しいので台湾に来たら一度は食べたいですね。

 

ドリンクは定番のタピオカミルクティー。ミルクティーだけだと50元、トッピングでタピオカを淹れると10元プラスで60元でした。

台北 フードコート タピオカミルクティー

台北 フードコート

デザートは同じフードコートの別の店で仙草ゼリー。60元でした。

 

お腹がいっぱいにいなったところで、ホテルに戻り、荷物を受け取って桃園空港へと向かいました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事