the 49 Terrace トンロー
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。タイランドエリート会員ニートのMachaです。

皆さんはコロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか。

 

スポンサーリンク

順調に規制が解除されていくバンコク

上の記事にも書いたのですが、僕は今年の2月に会社決算のために一時帰国をし、その後、3月2日にタイに再入国しました。その頃はまだ入国後に隔離されたりすることはなかったのですが、3月後半にはタイ全土がロックダウンされるという事態にまで発展してしまったのはご存じの通りです。

ロックダウンが始まってからは、食事は外食はNG、テイクアウトのみ可という状態が1ヶ月ほど続き、5月の途中からようやく規制が緩和され、外食が可能となったわけです。

7月現在の時点では、ショッピングセンターも通常通りに営業、食事も若干の間隔を空けさえすれば普通に外食できるようになりました。タイ国内旅行も解禁されています。僕も来月プーケットのプールヴィラに旅行に行く予定です。

伊勢 スクンビット・ソイ39 焼き鳥 伊勢 スクンビット・ソイ39 焼き鳥 伊勢 スクンビット・ソイ39 焼き鳥

 

伊勢の焼き鳥とキノコ雑炊

 

上の写真はスクンビット・ソイ39のブールバード・レジデンスの商業フロアにある焼き鳥の「伊勢」です。ロックダウン解除後、昨日初めて食べに行ってきました。やっぱり焼き鳥は焼きたてのアツアツが食べたいですからね。

伊勢は僕も10年以上通っている名店なので、コロナウイルスの影響下でも無事に営業していてくれたのがありがたかったです。

また同日、サミティベート病院で定期検診を受けた後、スクンビット・ソイ49にあるThe 49 Terraceという商業施設内のスターバックスで休憩しました。

 

the 49 Terrace トンロー

トンロー通りにほど近いスクンビット・ソイ49のthe 49 Terrace

 

 

トンローだけあって、日本人駐在員の奥様方がまるで闘鶏場のように大きな声で話しているのも、コロナが収束に近付いていることの表れなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

タイランドエリート会員のタイ入国が可能になります

さて、ここからが本題です。皆さんご存じの通り、7月24日現在、タイに入国できる外国人は、駐在員等のビジネスマンやタイ人配偶者がいる方に限られています。(僕も配偶者がタイ人なので、既に入国の条件は満たしています。)

そんな中、7月23日、Covid 19 Situation Administration(CCSA)によるタイランドエリート会員のタイ入国に関する原則的な許可が発表されました。タイランドエリートの運営会社であるTPC(Thailand Privilege Card社)は今後、タイ各省庁との調整を行ったうえで、タイランドエリート会員さんのタイ入国へとつなげる流れとなりました。

ANAビジネスクラス 羽田ークアラルンプール便

タイランドエリート会員御用達のANAビジネスクラス

 

つまり、一般の旅行客はまだ入国禁止だけど、タイランドエリート会員は入国できるというステージがもうすぐやってくると言うことです。ただし日にちに関してはまだ確定ではないので、続報を待っているところです。

また、入国後に14日間隔離というルールはタイランドエリート会員にも適用されるので、それは覚悟しておかないといけませんね。

 

タイランドエリートへの入会を希望される方は、以下のリンクからタイランドエリート日本代理店のHPにアクセス出来ます。

僕がタイランドエリートに申し込んだ際は10日もかからずに審査通過のメールが届きましたが、昨今は申請者急増のため、審査に2ヶ月以上かかるケースも多いようです。

タイランドエリート 問い合わせ

 

スポンサーリンク

タイ入国できるということは、日本帰国の目処も付く

前述の通り、僕がタイに入国したのは3月2日です。4ヶ月半も国外に留まるのは、人生で今回が初めてです。

 

いつもなんだかんだで毎月あるいは数ヶ月で帰国していましたからね。

 

それもこれもすべては中共の武漢発のコロナウイルスのせいで、今年に入って既に3往復分の帰国チケットをキャンセルする羽目になりました。

 

日本人なので日本に帰国することは出来るのですが、これまで帰国しなかったのは、一度タイを出てしまうと、タイに入国が出来なくなるからでした。タイ人の妻をタイに残して自分だけ帰るということも出来ず、4ヶ月以上もタイに残っていた次第です。

でも今回の「タイランドエリート会員入国可」の報が出たおかげで、日本一時帰国の目処が付いたわけです。よって、日本で経営している会社の事務的な仕事をやるために、9月に一度帰国をしようと思っています。

そういうわけで9月のANAビジネスクラスの航空券は押さえておきました。あとはタイ入国許可が正式に実行されるのを待つのみです。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事