スポンサーリンク

日本からマレーシアのクアラルンプールに3泊4日の小旅行に出かけてきました。

スポンサーリンク

ANA羽田ークアラルンプールのビジネスクラスが往復9万円

なぜバンコクではなくクアラルンプールかというと、ANAのビジネスクラスで羽田―クアラルンプール往復90,000円というプロモーションを見つけたからです。

 

ビジネスクラスで東南アジア便がこの9万円はお得ですからね。

 

僕が買ったのは羽田―クアラルンプールの往復チケットですが、クアラルンプールでの滞在を終えた後は、現在住んでいるバンコクに向かいます。

タイ航空を別途予約してバンコクをメインの旅程を作る

しかしこのままだとクアラルンプールのみの滞在となってしまいますので、タイ航空のHPで別途、クアラルンプール―バンコクの往復チケットを25,000円で購入しました。

 

ANAビジネスクラスとタイ航空エコノミークラスを合わせたことにより、以下のような旅程が出来上がりました。

  1. クアラルンプール:3泊(ブキビンタン通りのリッツカールトン)
  2. バンコク:1か月半(プロンポンのコンドミニアム)
  3. クアラルンプール:3泊(ブキビンタン通りのリッツカールトン)

 

バンコクの前後に3泊ずつクアラルンプールに泊まるというわけですね。

スポンサーリンク

リッツカールトン・クアラルンプールを予約

さて、クアラルンプールで宿泊したリッツカールトンですが、HISで予約して3泊49,500円でした。

 

朝食付きで1泊わずか16,500円

 

クアラルンプールのリッツカールトンは僕にとって3回目の滞在です。

これまでは同じくブキビンタン通りにあるウェスティンを定宿にしていいましたが、ウェスティンは団体が多く、特に大陸の団体がやかましいのですが、試しに昨年リッツに泊まったところ、客層が白人や日本人で静かに過ごせることが分かったため、乗り換えたのです。

 

クアラルンプールのリッツが、世界で一番安く泊まれるリッツカールトンだそうです。

 

ブキビンタン通りのMRT工事も終了し、利便性が戻った

ちなみに前回クアラルンプールに訪れた際には、ここ4年間ほど続いていたブキビンタンの地下鉄の工事も終わり、バリケードが撤去されて景観が良くなり、歩きやすくなっていました。

ブキビンタン通り MRT

工事中の時は元々狭い通路までバリケードで塞がれていたりして非常に不便でしたが、今なら街歩きには最適です。

ただし、その完成した地下鉄はと言うと、どの駅も観光客が行くエリアではないので、実際に乗ることはなさそうです。まあ、ローカルの方のための交通手段なのでしょう。観光客はこれまで通りKLモノレールのお世話になることになるでしょう。

スポンサーリンク

ANAビジネスクラスでクアラルンプールへ

さて、フライトは今回も全日空のフルフラットのビジネスクラスでした。

ANAビジネスクラス 羽田ークアラルンプール便

僕はいつも1Hという席にしています。

 

ANAビジネスクラス 羽田ークアラルンプール便

機内免税品を購入

ところで、機内では免税品を購入しました。

ANA 免税品 モンブラン ベルト

モンブランのリバーシブルベルトが19000円程。

 

ボールペン以外でモンブランを買うのは初めてですが、激安ですね。一昨年ミラノで買ったドルチェ・ガッバーナのベルトが5万円以上したので、とても安く感じてしまいました。

ANA 免税品 レスポートサック バッグ

それと順番は前後しますが、搭乗前にANA duty freeでレスポートサックのバッグを買いました。11000円くらいだったかな。

 

これも安い。

 

レスポートサックは軽いのでとても実用的です。タイではエンポリしか行かない僕にはこれが普段使いになりそうです。

ビジネスクラスの機内食

続いて機内食です。

僕は食事はそれほど重視はしていないのですが、眠くても貧乏根性で毎回しっかり食べてはいます。

ANAビジネスクラス 羽田ークアラルンプール便

今回は洋食にしました。

 

ANAビジネスクラス 羽田ークアラルンプール便 機内食

洋食の前菜。

 

ANAビジネスクラス 羽田ークアラルンプール便 機内食

メインは仔牛のステーキでした。

 

やっぱりANAのビジネスクラスの機内食はハズレが無いですね。エコノミークラスだとまるで飼料のようなとんでもないものが出ることがありますが。。

ANAビジネスクラス 羽田ークアラルンプール便 機内食 一風堂 ラーメン

ついでに別途オーダーできる軽食では、一風堂のラーメンを持ってきてもらいました。

 

実は僕、一風堂って、機内食でしか食べたことないんです。

 

クアラルンプール空港(KLIA)から市内へ

さて、クアラルンプール空港到着後、すぐに市内のホテルに向かいます。

クアラルンプール空港からブキビンタン通りのリッツカールトン・ホテルまでは、クーポンタクシーで85リンギットでした。

リッツカールトン クアラルンプール

全然渋滞がなかったので、ホテルには1時間もかからずに到着しました。

 

リッツカールトン・クアラルンプール

リッツカールトンはブキビンタンエリアですが、パビリオンやウェスティンホテルがある大通りからの一本南のインビ通りに位置しています。

ザ・リッツカールトン クアラルンプール

 

168, Jalan Imbi, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア

 

連絡通路を通るとJWマリオットホテルに繋がり、JWマリオットから出ると目の前にショッピングセンターのパヴィリオンがあります。

ザ・リッツカールトン クアラルンプールの部屋

これがその部屋の写真です。

リッツカールトン クアラルンプール 部屋

一番低グレードの部屋ですが、確実に40㎡以上はある広さです。

 

リッツカールトン クアラルンプール 部屋

リッツカールトン クアラルンプール 部屋

インターネットも無料です。

 

リッツカールトン クアラルンプール 部屋

ハウスキーピングは1日に2回あり、夜部屋に戻ると、毎晩テーブルにデザートのブラウニーが置いてありました。

 

美味しかったです!

 

リッツカールトン クアラルンプール 部屋

リッツカールトン クアラルンプール 部屋

こちらはクローゼット

 

リッツカールトン クアラルンプール バスルーム

バスルーム

 

リッツカールトンは、向かいにあるウェスティンホテルより間違いなくワンランク上ですね。

プールは2か所

リッツカールトン・クアラルンプールには2つのプールがあります。

ホテル棟とレジデンス等に1つずつプールがあり、宿泊客はどちらも利用可能です。ホテル棟のプールを通り過ぎるとスパがあり、その向こうにレジデンス棟のプールがあります。

リッツカールトン クアラルンプール プール

ホテル棟のプール

 

リッツカールトン クアラルンプール プール

ホテル棟のプールはフィットネスセンターの隣にあります。

 

リッツカールトン クアラルンプール プール

レジデンス棟のプールは子供は使用禁止になっていました。

 

リッツカールトン クアラルンプール プール

僕たちはレジデンス棟のプールを主に利用しました。

 

プールにはペットボトルの水とリンゴ(どちらも無料)が置いてありました。

プールはどちらも泳いでいる人はほとんどいませんでした。やはり団体客がいないというのがこのホテルの長所だと思います。

フィットネスセンター

ホテル棟のプールの隣にあるフィットネスセンターは、入り口のパネルに部屋のキーカードをタッチすることで入るれます。

リッツカールトン クアラルンプール フィットネスセンター

ランニングマシンはテレビやYouTubeが視聴できる最新のものでした。

 

滞在中、いつ行っても他の人は誰もいないか、一人いるくらいでした。設備も清潔に保たれていて良かったです。

リッツカールトン クアラルンプール フィットネスセンター

冷蔵庫には濡れタオルや冷たいボトルウォーターがセッティンされていました。

 

リッツカールトン クアラルンプール フィットネスセンター 更衣室

更衣室

 

リッツカールトン クアラルンプール フィットネスセンター 更衣室

更衣室にはジャグジーバスがありました。

 

運動した後にジャグジーに入れて幸せ

 

リッツカールトン・クアラルンプールには過去に3回宿泊しましたが、ジムもプールも更衣室も、どこに行っても常に人が少なくて快適でした。

朝食

リッツカールトン・クアラルンプールの朝食会場に向かいます。

リッツカールトン クアラルンプール ロビー

通路が限られており、外に出るにもロビーに行くにも必ずこのバーラウンジを通ることになります。

 

リッツカールトン クアラルンプール ロビー

朝食会場に到着。向かいのウェスティンホテルよりは料理の品数が多いです。

ところで、リッツカールトン・クアラルンプールの朝食は、何年か前まではアラカルトスタイルで、メニューに美味しいステーキがあったのですが、現在はもう純粋なバイキングに変わったようです。

リッツカールトン クアラルンプール 朝食

リッツカールトン クアラルンプール 朝食

ジュースはオーダーメイドでその場で搾ってくれました。

 

リッツカールトン クアラルンプール 朝食

食べ物はインドカレー、ナシレマ、その他マレー料理、点心など。デザートは欧米のドーナツやパンケーキ、マレースイーツが勢ぞろいでした。

リッツカールトン クアラルンプール 朝食

インドのロティチャナイもホッカホカの出来立てが食べられます。

 

朝からこれだけしっかり食べると、午後になってもお腹が空かなくなりますね。

 

リッツカールトンのすぐ向かいには、パヴィリオンという大型高級デパートがあります。パヴィリオンはバンコクで言うパラゴンやエムクオーティエのような存在ですね。

クアラルンプール滞在中は、日中はパビリオンで一日を過ごします。

クアラルンプール街歩き編はまた後日アップする予定です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事