サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上
スポンサーリンク

こんにちは。タイランドエリート会員ニートのMachaです。

4泊5日のプーケット旅行続きです。

前回はコロナで外国人観光客が姿を消したパトンビーチの惨憺たる状況をご紹介しました。

 

パトンビーチを見て分かったのは、現在はパトンビーチに限らず、プーケットの繁華街はどこも経済が壊滅状態にあるということです。一言で言えば、かつて賑やかだったビーチでの街歩きは期待できないと言うことですね。

ということで、今回は契機に左右されない部分、つまり手付かずの自然が見られる場所を訪問してはどうかと思い立った次第です。

スポンサーリンク

プーケットからパンガー県に入境する

僕たちが宿泊しているのは、プーケット島最北端になるアナンタラ・マイカオ・プーケット・ヴィラなので、そこからなるべく簡単にいける自然スポットを探したところ、プーケット島の最北部と橋で繋がるパンガー県がヒットしました。

アナンタラからだと車で15分ほどでパンガーへの橋にたどり着けそうなので、まずはパンガー県に入境してみることにしました。

プーケット パンガー 橋

この橋の向こうがパンガー県です。

 

 

通常は入境時に検問があるそうですが、今回は何もなく素通り状態でした。

スポンサーリンク

ナタイビーチ

橋を渡りきると、そこはもうパンガー県。そこからさらに北にまっすぐ移動すると、本日最初にビューポイントであるナタイビーチ(Natai Beach)にたどり着きます。

 

 

地球の歩き方には載っていないナタイビーチですが、一体どんなところなのでしょう。

 

 

ナタイビーチ

小さな屋台が数軒集まる静かなビーチでした。

 

 

プーケット パンガー ナタイビーチ

この桟橋がナタイビーチのランドマーク

 

 

プーケット パンガー ナタイビーチ

プーケットよりも綺麗なエメラルドの海

 

 

パンガーまで来ると、水の透明度がプーケットよりも高くなるようです

 

 

プーケット パンガー ナタイビーチ

プーケット パンガー ナタイビーチ

ビーチには人はいないようです。

 

 

プーケット パンガー ナタイビーチ

ローカルの方が釣りを楽しんでいました。

 

 

プーケット パンガー ナタイビーチ

タイらしい優しい笑顔

 

 

プーケット パンガー ナタイビーチ

桟橋をほぼ渡りきりました。

 

 

プーケット パンガー ナタイビーチ

プーケットから車で少し走っただけでこんなに静かな写真スポットを巡れるとは思いませんでした。とても綺麗な景色でした。

スポンサーリンク

サメットナンシー・ビューポイント

ナタイビーチの見所はこれで見学したので、これからあと一つのビューポイントに向かいます。

その名所の名前は、)。

先ほど訪れたナタイビーチはパンガー県の西海岸でしたが、地図を見るとサメットナンシー・ビューポイントは東側にありました。

 

 

カオラックからの距離はおよそ70kmほど南。サメットナンシー・ビューポイントからは、パンガー湾に浮かぶマングローブの森を見渡すことが一望できます。

サメットナンシー・ビューポイント(Samet Nangshe Viewpoint

ナタイビーチから東に車を運転していると、大きな岩山が見えてきました。サメットナンシー・ビューポイントはもうすぐです。

 

サメットナンシー・ビューポイント(Samet Nangshe Viewpoint

ビューポイントの麓に到着し、車を停めます。

 

 

サメットナンシー・ビューポイント(Samet Nangshe Viewpoint

サメットナンシー・ビューポイントの看板

 

 

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint チケットカウンター

サメットナンシー・ビューポイントのチケット売り場は駐車場付近にあります。

 

 

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint チケット

往復チケットは90バーツ

 

 

サメットナンシー・ビューポイント頂上の絶景

上記は往復ジープで移動した場合の料金ですが、歩いて登る人用のさらに安いチケットもあるそうです。でも非常に険しい急な坂を駆け上がるので、絶対にジープに乗った方が良いと思います。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上

ビューポイントの頂上に到着。

 

 

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上

写真撮影用にいろいろな工夫がされています。

 

 

ここまで来たら、後はただ景色を楽しんでください。頂上で撮った写真をずらっと並べてみます。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上

 

ボコボコの坂道で揺られながら来た甲斐がありました。

 

サメットナンシー・ビューポイント頂上のバンガローと食堂

ところで、このサメットナンシー・ビューポイントのてっぺんには、なんとバンガローと食堂が併設されています。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 バンガロー

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 バンガロー

サメットナンシー・ビューポイントのバンガロー

 

 

コロナ直後の現在、宿泊している人がどのくらいいるかは分かりませんが、平時ならこの景色を楽しむためにファランが泊まっていそうな気がします。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 バンガロー

それにしても、パンガー湾観光と言えばボートに乗ってジェームズボンド島などにツアーでアクセスするというパターンだけかと思っていましたが、こうして岩山のてっぺんまで登って景色を楽しむことが出来るとは僕も知りませんでした。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 バンガロー 食堂

それと、サメットナンシー・ビューポイントにはバンガローの横に食堂もあります。宿泊客以外でも利用可能です。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 バンガロー 食堂

メニューを見たところ、チャーハンが85バーツ、コーヒーやお茶が40バーツ、シェイクが60バーツ程度なので充分良心的な価格と言えそうです。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 バンガロー 食堂 メニュー

 

僕もコーヒーを一杯買って、パンガー湾を眺めながら頂きました。

サメットナンシー・ビューポイント Samet Nangshe Viewpoint 頂上 バンガロー 食堂

さて、このビューポイントの岩山からの帰り道ですが、登ってくるときに乗ったジープが常に巡回しています。新しい客を乗せたジープが頂上までやって来たら、そのお客達が下車した後に乗り込めばまた下まで送ってもらえます。

以上がプーケットから行く、パンガー県の2つのビューポイント巡りの日帰り旅行でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事