タイランドエリート事務局
スポンサーリンク

こんにちは。タイランドエリート会員ニートのMachaです。

以前、タイランドエリート会員向けの90日報告代行サービスについて、本ブログで説明しました。

今回は、タイランドエリート会員の代行サービス以外に、もう一つの90日報告の方法について説明してみようと思います。

スポンサーリンク

オンラインでも90日報告が出来る

最初に結論を書くと、90日レポートは、タイランドエリート会員専用の代行サービスの他に、非会員のタイ在住者も利用できるオンライン申請という方法があるのです。

余談ですが、タイランドエリート会員向けの代行サービスを利用できるのは、バンコクのみとなります。バンコク以外の地方在住者が90日報告を行う場合、自らバンコクのチョンノンシーにあるタイランドエリートオフィスに出向くのは現実的ではないので、地方のイミグレで手続きを行うか、これから説明するパソコンでのオンライン申請を利用することになると思います。

90日レポートのオンライン提出は、タイ入国後の初回の90日レポートは不可で、2回目からは利用出来るようになります。

つまり僕が前回90日報告をしたときはまだ初回だったため、あのときはオンライン申請という選択肢はなかったことになりますね。

なお、いずれの場合も現在住んでいる住所でTM30を提出済であることが条件となります。

スポンサーリンク

90日レポートについて

タイランドエリートの代行サービス(無料)を利用する場合、期限日の15日前から、期限日の7日後までに手続きが必要です。
遅くとも、期限日の当日(97日目)が水曜日の場合、それまでは受付が可能ですが、イミグレーションの間違い等で、最近、誤った期日のスタンプが押されるという事案が時々あるため、出来る限り90日目より前にタイランドエリート事務所にパスポートを預けた方が良さそうです。仮にイミグレーションの誤りであっても、スタンプに押されている日が期日となります。オンラインでご自身でお手続きをされる場合は、期限日の前14日から前7日までに行う必要があります。

タイランドエリート事務局

スポンサーリンク

90日レポートをタイランドエリートに代行してもらう場合(無料)

冒頭でも触れたとおり、バンコク市内にお住いのタイランドエリート会員は、タイランドエリートの代行サービス(無料)を利用出来ます。その場合、タイランドエリートが会員さんの代わりに、手続きをするため、イミグレーションに出向く必要はありません。サトーンのオフィスに行き、パスポートとTM47を提出します。

上記の代行サービスを利用する場合、同サービスは毎週水曜日に行っているので、手続きをしたい週の火曜日9:00~15:00までに、下記の必要書類を持参してタイランドエリート事務所に出向いてください。

 

  1. パスポート
  2. TM47(自分でダウンロードしてプリントするか、タイランドエリート事務所でも入手可能)
  3. TM6 (パスポートに挟まれている四角い出国カード)
  4. TM30の提出済の半券又は、スクリーンショットのコピー

 

90日レポートのインターネットでのオンライン申請

最近はインターネットでの申請も出来るようになりましたが、オンラインやアプリはまだ不安定となっており、オンラインやアプリから提出出来た方と出来なかった方がいるようです。

よって、はじめに一度オンラインやアプリで試してみて、出来なければタイランドエリートの代行サービスを利用するというのが無難です。

90日レポートをインターネットで行う場合は、期限日の前14日から前7日までに行う必要があります。インターネットの場合、期限日の前7日を過ぎると利用できなくなってしまうので注意が必要です。

オンラインで90日レポートを提出する際は、イミグレーションの営業時間内(月~金 8:30-16:00)に手続きをする必要があります。営業時間外に提出するとエラーメッセージが表示され、受理されませんので注意してください。

タイランドエリートのVisaはTouristですので、Visaのカテゴリーを選ぶところは、「Tourist」を選択してください。

 

日本語でオンライン90日レポートの申請方法を紹介しているページがありましたので、参考までに掲載しておきます。

https://nadiacons.co.th/90days-web/

90日報告まとめ

以上、タイランドエリートの代行サービス利用する場合と、一般のオンラインでの申請についてご紹介しました。

文中でも書きましたが、出来るだけ外出せずに申請できるに超したことはないので、まず最初はオンライン申請を試してみて、エラーになった場合にサトーンのタイランドエリート事務所に代行サービスを頼みに行くというのが無難そうです。

僕の場合はプロンポンに住んでいて普段はシーロムやサトーンに行くこともないので、90日報告はあえてオンライン申請はせず、外出の機会を作るために自分で出向いて代行サービスを頼むようにしています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事