ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト
スポンサーリンク

2週間の一時帰国を終えて、バンコクに戻って来ました。

スポンサーリンク

成田空港からバンコク

いつもなら自宅に近い羽田空港から戻ってくるところですが、予定にあったフライトが取れなかったため、今回は約1年ぶりに成田空港を利用しました。

都心から離れた成田空港でも、成田エクスプレスに乗れる品川駅までアクセスしてしまえばあとは楽ですけどね。

成田エクスプレス グリーン車

品川駅から成田エクスプレスのグリーン車で成田空港へ。

 

成田空港のありがたいのは、羽田空港と違って土産店などのお店が多いことですね。チェックイン前のエリアにTSUTAYAの書店やエービーシーマート、ユニクロもあります。

エービーシーマート 成田空港

エービーシーマートも自宅近所の店と違い、南国で履きやすい靴が揃っているのが助かります。

 

エービーシーマート 成田空港

普通の店だとシーズンによって売っていない靴もありますが、成田空港店はこれからビーチや暖かい国に行く人用の品ぞろえが充実していますね。

スポンサーリンク

ANAプレミアムエコノミー

さて、エービーシーマートで靴を二足買った後、ANAのチェックインカウンターでチェックインの手続きを行います。

スタッフに航空券を見せると、「お客さまは2か月以上のタイ滞在ですので、有効なビザを確認させてください」とのこと。

そしてタイランドエリートのビザを見せると、「すごーい!普通の人は青いビザなのに、お客様は金色のビザなのですね♪」と上手におべっかを頂きました(笑)

一応、「タイランドエリートという若年リタイア層向けの長期ビザです」とだけ説明しておきました。

スポンサーリンク

生活費は何が何でも不労所得内に抑えたい

さて、今回利用するのは、いつもと違ってビジネスクラスではなく、プレミアムエコノミークラスです。

 

なぜかって、お金がないからです!(笑)

 

ご存知の通り、僕は現在SFC修行中ですが、同時に「月100万円生活」というノルマでセミリタイア生活をしています。

 

月100万円は不労所得の一部なので、生活費を100万にさえ抑えれば、残りの不労所得と、その他本業のコンサルティング業、株式のトレーディング等で入る収入でまとまった貯金が出来るのです。

 

月100万円生活=貯金たっぷり出来る

 

パタヤ、クラビ、フーコック島旅行が重なった

しかし、先日も書いた通り、5月から6月にかけてパタヤ、クラビ、ベトナムのフーコック島などに、短期間で立て続けにバカンスに出かけてしまいました。

 

パタヤ旅行記事一覧

インターコンチネンタルという南パタヤのリゾートに2泊3日で滞在し、14年ぶりのパタヤを味わいました。

 

 

クラビ旅行記事一覧

タイ国際航空で、ドゥシタニ・クラビ(旧シェラトン)に4泊5日の旅行に行ってきました。

 

 

フーコック島旅行記事一覧

フュージョンリゾート・フーコックという1日スパが2回無料のリゾート(全室プールヴィラ)に4泊5日で宿泊しました。

 

その他、結婚関係でもろもろの諸費用が嵩みました。

そして最終的に、6月、7月はクレジットカードの支払いが2か月連続で150万円を超えてしまいました。

 

もちろん、出費はカード以外にもあります。

 

そんなわけで、ここ2か月はガッツリ貯金しながら不労所得内で悠々自適なセミリタイア生活という訳にいきませんでした。

 

なによりも、貯金を毎月○百万円以上するという自分のポリシーを曲げることだけはしたくなかったので、今回は航空券代や生活費をちょっとだけ削ることで、帳尻を出来る限り合わせることにしました。

 

随分と脱線してしまいましたが、そこで本題のプレミアムエコノミーが出てくるわけですね。

ANAプレミアムエコノミー 搭乗券

搭乗券にはすでにSFCと書かれていますが、それは僕の父がSFC本会員だからです(僕は家族会員)。

 

 

僕が目指すのはあくまで僕自身でのSFC解脱です!

 

ANAビジネスクラスラウンジ

久しぶりの成田空港ですが、特に買いたいものはありません。

ANA DUTY FREE 免税店 成田空港

免税店もありますが、チェックインをした後はすぐにラウンジに向かいます。

 

成田空港 ANAラウンジ

ANAラウンジで2時間ほど暇つぶしです。

 

30分ほど仕事関係でパソコンを開いた後は、ラウンジ内で食事を頂きます。

成田空港 ANAラウンジ

麻婆豆腐

 

成田空港 ANAラウンジ 食事

ソース焼きそば

 

成田空港 ANAラウンジ 食事

その他、杏仁豆腐やポルチーニ茸のスープ、いなりずしなども頂いておきました。

 

 

日本のラウンジなので基本的に口に合いますね。

 

成田空港 ANAラウンジ 食事 とろろわかめうどん

写真のとろろわかめうどんは美味しかったです。

 

ANAプレミアムエコノミーの座席

ラウンジで充分に寛いだので、いよいよANAプレミアムエコノミーに搭乗。

ANA プレミアムエコノミー 座席

僕の席ではありませんが、プレミアムエコノミーの最前列

 

かなり広々としています。

 

後述しますがプレミアムエコノミーは最前列でもフットレストがあり、足をしっかり延ばせます。

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

ANAのプレミアムエコノミーは3列のみ

 

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

配列は2:3:2でした。

 

ANA プレミアムエコノミー 配列

ANAプレミアムエコノミーの配列

 

 

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

僕の座席は中央(3席)の右通路側

 

幸いにも真ん中は誰もいなかったので、席はゆったり。エコノミークラスよりも広く快適。

これなら深夜便でも全然普通に眠れそうです。今回は夕方発で深夜到着の便だったので、仮眠を取っただけですが。

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

ANAプレミアムエコノミーの右側最前列

 

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

 

ANA プレミアムエコノミー 座席 スクリーン

プレミアムエコノミーはスクリーンが大きめに造られていました。

 

 

これだけでも機内映画の迫力が変わってきますね。

 

ANA プレミアムエコノミー 座席

最前列でなくてもかなり足が延ばせます。

 

プレエコ専用フットレストが大活躍

プレミアムエコノミーだと、下の写真のフットレストがあることで、足を前に出すことが出来ます。

そしてこのフットレストはプレミアムエコノミーの最前列の席にも配置されています。

ANA プレミアムエコノミー 座席 フットレスト

写真の灰色の部分がプレミアムエコノミーのフットレストです。

 

普通のエコノミーだと、最前列はスペースがある分、フットレストがないのでかえって窮屈という人もいますが、プレエコの場合はその心配は無いということになりますね。

僕も最初は上記のことが心配で、あえて2列目の座席を選んだわけですが、これも杞憂でしたね。

プレミアムエコノミーのアメニティー・グッズ

搭乗が完了すると、離陸前に客室乗務員がアメニティーのセットを配り始めました。

 

プレエコ専用のアメニティーですね。

 

ANA プレミアムエコノミー 座席 アメニティー

プレミアムエコノミーのアメニティー

 

  1. 機内用保湿マスク
  2. 耳栓
  3. アイマスク

 

ちなみに、エコノミークラスと違って座席には初めからスリッパ(ビジネスクラスと同じもの)が置かれていました。

ANA機内食(夕食)

夕方発の便なので、搭乗後はすぐに夕食のサービスが始まります。

食事の内容はエコノミークラスと同じですが、プレエコなので順番は真っ先に来てくれます。

ANA プレミアムエコノミー 座席 機内食

まずは食前にセブンアップを1本飲み干しました。

 

食事の選択肢は二つ。一つは僕の嫌いな海鮮だったので、もう片方のタンドリーチキンの方を選びました。

ANA プレミアムエコノミー 座席 機内食

カロリー1000キロ以上なんですね。

 

ANA プレミアムエコノミー 座席 機内食

これが実物のタンドリーチキンのサフランライス

 

サフランライスがあって、さらにパンが一個付いているので、たしかにこれなら1000キロカロリー超えそう。

 

でも美味しかったです。

 

ヘビーではありますが、タンドリーチキンは柔らかくて美味しいし、メイン以外のおかずも充実していて、エコノミークラスもそんなに悪くないですね。

ANA プレミアムエコノミー 座席 機内食 ハーゲンダッツ

デザートはハーゲンダッツ

 

 

もうお腹いっぱい。

 

ANA プレミアムエコノミー 機内 映画

食後は機内映画でドラえもんを最初から最後まで鑑賞

 

快適だったANAプレミアムエコノミー

6時間弱のフライトを経て、無事にバンコク・スワンナプーム空港に到着しました。

ANAのプレエコに乗るのはこれが初めてですが、意外に快適だということが分かりました。

座席の広さはエコノミーに毛が生えた程度だと思っていましたが、その若干の違いが、フライトの快適さを左右するのだと分かりましたし、太ももの部分にフットレストがあることで、足を最大限まで伸ばすことが出来ました。

 

ANAのプレエコを一言で表現すると、一昔前のビジネスクラスです。

 

これなら次回以降もプレエコはありかなと思いました。まあ、値段の差がビジネスクラスとあまり変わらないときは迷わずビジネスクラスを選びますが、何らかの事情で安いビジネスのチケットが取れなかったときは、プレエコにしようと思います。

タイランドエリートのスタッフがお出迎え

スワンナプーム空港に到着すると、いつも通りEPAと呼ばれるタイランドエリート専用のアテンドスタッフが飛行機の出口付近で待機していました。

専用カートでビジネスクラス客をごぼう抜き

EPAに挨拶を交わしてカートに乗り込み、一気にイミグレまで向かいます。

タイランドエリート 空港 カート

タイランドエリート専用のカート

 

今回はプレエコだったので、私が機内を出る頃には、ビジネスクラスの乗客は先に降り、イミグレを目指してわれ先にとあるいています。

でもタイランドエリートのカートでビジネス客をごぼう抜きする事で、イミグレに着いた時には自分がファストレーンの先頭という状態。

 

小学生の競争か(笑)

 

スワンナプーム空港 一般レーン

上の写真は一般レーン

 

タイランドエリート 空港 優先レーン

タイランドエリートの専用レーン

 

上述の通り、専用レーンについても、先ほどのカートでビジネスクラス客を追い抜いているので、ほぼ先頭状態です。

タイランドエリート 空港 優先レーン

全然並ばなかったので、深夜だけど疲労感ゼロ

 

タイランドエリート到着ラウンジ

入国審査を終えた後、空港の隅っこにあるタイランドエリート専用の到着ラウンジに案内してもらいます。

タイランドエリート 到着ラウンジ

預け荷物の集荷をスタッフに任せ、その間はラウンジで飲み物を飲みながら待つのです。

タイランドエリート 到着ラウンジ

マンゴージュースを頂きました。

 

タイランドエリート 到着ラウンジ タイランドエリート 到着ラウンジ

到着ラウンジ内の様子

 

BMWでコンドミニアムまで送迎

預け荷物の集荷が済んだので、空港を出ます。

タイランドエリート 到着ラウンジ

もちろん荷物は従者が運んでくれます。

 

タイランドエリート専用 BMW

荷物を車に積んでもらい、出発。

 

深夜なので渋滞もなく、30分ほどでプロンポンの自宅に到着しました。

プレエコのフライトと言い、タイランドエリートの空港サービスと言い、何とも快適な旅でした。

さて、家に着いたらシャワーを浴びてすぐに就寝。また翌日からバンコクでの日常生活です。

次のフライトでSFC解脱!

最後になりましたが、今回のフライトを終えた後の僕のANAプレミアムポイントは、47683ポイントとなりました。

50000ポイントで翌年度のプラチナ会員=SFC会員が決まるので、あと1回、日本帰国時にANAに搭乗すればSFC解脱が確定します。

SFC 修行

ちなみに次回帰国時のフライトはANAのビジネスクラスなので、5700ポイントほど付くことになります。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事