数年前まではノービザや観光ビザで出入国を繰り返すことで、リタイアメントビザが無くても実質的なセミリタイアやロングステイが可能だったタイですが、昨今の制度の厳格化により、イミグレーションで入国拒否を受ける事例が多発しています。

事実、私自身、以下の関連記事にもあるように、タイランドエリートに入会する前、ノービザ出入国を繰り返してイミグレで最後通告を受けました。

 

「タイランドエリート」カテゴリーでは、今や若年層のセミリタイアに必須のアイテムとなったタイランドエリートの仕組みについて解説しています。

タイランドエリートとは

タイランドエリートは、2008年に設立されたThailand Privilege Card Company Limited社(資本金10億バーツ)が運営する若年富裕層向けのメンバーシップです。

タイ政府観光庁が100%出資しており、いわば政府公認の国家会員プログラムとも呼べます。

タイランドエリート会員になることによって、リタイヤメントビザの年齢に満たない方でも、最大20年間のタイ滞在が可能となります。

 

私もアラサーでタイランドエリートに入会しました。

 

ビザ以外の代表的な特典としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  1. バンコク銀行、カシコン銀行での口座開設(タイバーツ建てのクレジットカードも作れます)
  2. 高級車での空港往復送迎(私の経験では毎回BMWになっています)
  3. 年に一度の高級私立病院での人間ドック
  4. ゴルフのグリーンフィー無料・スパ無料

 

上記の他にも使い切れないほど様々な特典が用意されています。

 

私自身がタイランドエリートの会員ですので、これからもエリート会員として便利だなと思ったことがあったらどんどんブログの記事にしていこうと思います。

 

タイランドエリートのVIPサービスに関する記事

 

タイランドエリート専用問い合わせフォーム

タイランドエリートに関するご質問やご相談は以下のフォームで受け付けています。

タイランドエリート関連記事

私がタイランドエリートに入会した経緯、タイランドエリートのサービスの紹介、支払い方法などは以下の記事を参考にしてください。

タイランドエリートの記事一覧
NEW!
【スワンナプーム空港】タイランドエリート到着ラウンジ
NEW!
タイランドエリートのラウンジはファーストクラスラウンジ
【2019年版】バンコク銀行シーロム本店で口座開設
億り人におススメのタイランドエリートメンバーシップ
バンコク在住の私のセミリタイア生活費【タイランドエリート】
【アーリーリタイアへ】ANAビジネスクラスで日本に出稼ぎ
【料理は多いけど味はイマイチ】台北桃園エバー航空ラウンジ
ワークパミット無しでカシコン銀行の口座を開設する方法
【プレミアムエコノミー】初のエバー航空でバンコクから台湾へ
ANAビジネスクラスとタイランドエリートで深夜便も快適な移動!