スポンサーリンク

こんにちは、タイランドエリート会員ニートのMachaです。

 

先日の記事では、カラシンの集落で保護猫たちと過ごし、その後、車でウドンタニに向かったところまでを書きました。

 

ウドンタニ到着後、僕をホテルまで送り届けてくれたネコの里親さん家族と別れました。

そして今回宿泊するセンタラホテル・ウドンタニにチェックインしました。

スポンサーリンク

センタラホテル・ウドンタニ

旧ブログの時代から読んでくれていた方はご存知だと思いますが、僕がウドンタニに来るのはこれが3度目です。

そしてウドンタニに来て泊まっていたのが、3回ともこのセンタラホテルです。

何が良いかって、それはウドンタニ最大級のデパートであるセントラルプラザと同系列で、場所も隣接しているからです。

徒歩10秒と言っても過言でないほどの近さです。

 

 

ロケーション抜群ですね。

 

 

277 1 ถนน Prajak Sillapakom, Tambon Mak Khaeng, Amphoe Mueang Udon Thani, Chang Wat Udon Thani 41000

 

 

そしてセンタラホテル・ウドンタニは、ウドンタニ随一の高級ホテルです。

ただし値段は非常に安く、一部の特別な時期を除き、1泊5,000円ほどで予約することが出来ます。

僕が予約したのはちょうど1月2日から3泊ですが、ありがたいことに正月のこの時期でも5,200円程度でした。

1月はプーケットやクラビなどのビーチリゾートはハイシーズンですが、イサーン地方は基本的にいつ行っても低料金です。

あまり観光でウドンタニに行くという人も多くないと思うので、個人的には穴場だと思っています。

センタラホテルの部屋

今回僕が泊まった部屋は、一番低価格のスーペリアルームです。

センタラホテル ウドンタニ 部屋

木目の床に、充分な面積。

 

インターネットは無料で、パスワード設定なし。

 

客室、ホテル館内すべて同様です。

センタラホテル ウドンタニ 部屋

センタラホテル ウドンタニ 部屋

二人分のソファ

 

センタラホテル ウドンタニ 景色

部屋からの景色です。

 

中国寺院がすぐ目の前にあります。

御覧の通り高い建物はこのセンタラホテル以外には特にありません。

センタラホテル ウドンタニ ベッド

ベッドの横についている読書灯が役に立ちました。

続いてバスルーム。

センタラホテル ウドンタニ トイレ

トイレはタイ式ハンドシャワー。水の流れは問題ありません。

 

センタラホテル ウドンタニ トイレ

お風呂はバスタブなし。

 

上位グレードの部屋は分かりませんが、僕がいつも予約するカテゴリだとバスタブはありません。

センタラホテル ウドンタニ 吹き抜け

廊下は吹き抜け型。開放感があります。

 

センタラホテル・ウドンタニ プールとジム

フィットネスセンターやスパ、プールは5階にあります。

僕の部屋は6階だったので真下でした。

センタラホテル ウドンタニ プール

5階のプールがありました。

 

ただし1月のこの時期、20度を下回る寒さなので水が冷たすぎて利用できませんでした。

かなり本格的なフィットネスセンター

 

ホテル宿泊客は無料で利用できます。

また、会員制で地元のお金持ちのタイ人なども利用していました。

3泊の滞在中、僕はほとんどセントラルプラザでまったりしていたので、センタラホテルのジムは1度しか利用しませんでした。

行為室内には大きな温泉もありました。

センタラホテルのロビー

ロビーにはバーラウンジやコーヒーショップ、充分な数のソファー、レストランなどが揃っています。

センタラホテル ウドンタニ カフェ

コーヒーショップ

 

コーヒーの値段も65バーツとかだったので、バンコクの高級ホテルと違ってローカル価格です。

ただしホテルのすぐ隣にセントラルプラザのスターバックスとマクドナルド(マックカフェ)があったので、あえてホテルのコーヒーショップを利用することはありませんでした。

 

センタラホテル ウドンタニ ロビー

こちらがロビーラウンジ。

センタラホテル ウドンタニ ロビーラウンジ

センタラホテル ウドンタニ ロビーラウンジ ドリンク

宿泊者は全員チェックイン時にフリードリンクのクーポンを貰えます。

 

夜になるとミュージシャンが登場してタイやイサーンミュージックが味わえました。

 

ホテルのロビーで歌を聴くのって、情緒あって好きです。

 

ロビーラウンジとレストランの横にある池では鯉が泳いでいます。

 

センタラホテル ウドンタニ ロビー

ロビー入り口。

 

ここを出ると右にセントラルプラザがあり、ほんの数歩、歩くだけで上述のマクドナルドとスターバックスがあるわけです。

そういう距離感覚を考えると、5000円程度で泊まれるこのセンタラホテル・ウドンタニはかなりのコスパだと言えると思います。

センタラホテル ウドンタニ ロビー階段 センタラホテル ウドンタニ 中華レストラン

上の階段を上って2階に行くと、1回の朝食レストランとは別の、中華レストランがあります。

 

ウドンタニでは有名な中華料理店だそうです。後日利用しましたが、ローカル価格で美味しかったです。

スポンサーリンク

センタラホテル・ウドンタニまとめ

間違いなくウドンタニで最高級かつ最高立地のホテルです。

ウドンタニ自体がコンパクトで移動しやすい街ですが、セントラルプラザが真隣にあるというのは他所にない長所です。

 

しかも値段が1泊5000円前後。時期によっては4000円台の時もありました。

 

嬉しいのは、イサーン地方のホテルは基本的に季節による価格のアップダウンが無いことです。ビーチだとハイシーズンは値段が跳ね上がりますからね。

今回のウドンタニは1月でしたが、同時期にピークのビーチリゾートよりもはるかに安く、それでいて混んでいるわけでもなく、まったりと正月を過ごすには完ぺきとしか言いようのないタイミングでした。

センタラ以外のウドンタニのホテルを調べると、4000円台かそれ以下が主流でした。

センタラ以外のホテルに泊まれば、長期で楽しい底辺生活が送れるのではないでしょうか。

 

実際、ファランの姿もあちこちで見かけました。

 

バナナを頬張りながらノーヘルでモーターサイを運転しているファランを見て、パタヤには及ばないのかもしれませんが滞在型の街としてはアリなのではないかと感じた次第です。

ファランが多いという場所柄、イタリアンなど欧州料理店も多く、英語も通じやすいのがウドンタニです。

 

日本人でウドンタニに沈没している人って、どれくらいいるのでしょうね。

 

僕の周囲のセミリタイア希望者はみんなパタヤ、パタヤと言っているので、ウドンタニも案外穴場だなと思いました。

パタヤは季節によって価格変動が激しいので、パタヤが高いときはウドンタニというのはいかがでしょうかね?

今回僕は不動産は一戸建てしか見学しませんでしたが、底辺向けのアパートも各所で見かけたので、興味のある方は現地で探してみると良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事