センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム
スポンサーリンク

先日はバンコクで2~3週間の滞在をされる予定の方のために、洗濯機付きのサービスアパートとして、プロンポンの39ブールバード・レジデンスという物件を紹介しました。

 

 

今回ご紹介するのは、最寄り駅がBTSアソーク駅、そしてナナ駅の洗濯機付きサービスアパート、センターポイント・ホテル・スクンビット10です。

スポンサーリンク

センターポイント・ホテル・スクンビット10

センターポイント・ホテル・スクンビット10は、その名の通り、スクンビット・ソイ10に位置しています。

センターポイント・ホテル・スクンビット10のロケーション

ロケーションとしては、グーグルマップにあるように、BTSのアソーク駅とナナ駅のちょうど中間あたりになります。

 

どちらの駅からもアクセス可能です。

 

よく混同されがちなのが、アソーク駅直結のグランデセンターポイント・ターミナル21ですが、系列が同じでも別のホテルなので注意しましょう。

タイ旅行歴のかなり長い日本人の親友にセンターポイント・ホテル・スクンビット10のことを話したところ、案の定、ターミナル21のグランデセンターポイントのことだと誤解していました。

センターポイントホテルスクンビット10

 

 

39 ถนน สุขุมวิท 10 Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110

 

 

スポンサーリンク

タイムズスクエア、ロビンソン、ターミナル21から徒歩圏

センターポイント・ホテル・スクンビット10はアソーク駅のグランデセンターポイントと誤解されがちだと書きましたが、ロケーション的にはアソーク駅まで歩いていくことは容易です。

このサービスアパート自体はスクンビット・ソイ10の奥の方に位置しているため、地図上は距離がありますが、ロビーに必ずホテル専用のトゥクトゥクが控えていますので、それに乗ればスクンビット・ソイ10の入り口(パクソイ)まで連れて行ってくれます、

そこからソイ12の韓国人街、ソイ14のタイムズスクエア、デパートのロビンソンなどを抜ければアソーク駅です。

という訳で、アソーク周辺で用事がある旅行者には非常に便利なのがセンターポイント・ホテル・スクンビット10です。

 

アソークさえ行けば、BTSもMRTも両方使えますからね。

 

スポンサーリンク

老舗のセンターポイント・スクンビット10

そのセンターポイント・ホテル・スクンビット10ですが、センターポイント系列ではかなり古くからあるサービスアパートです。

完成したのはアジア通貨危機があった1990年代とみられ、内装は豪華で重厚感があります。

部屋のタイプ

センターポイント・ホテル・スクンビット10には2つの棟があります。一つは高層階(メインウイング)、もう一つは低層階(ガーデンウイング)です。

部屋のタイプは以下の通りです。

 

  1. デラックスルーム(38平米)
  2. 1ベッドルーム・スイート (76平米)
  3. 1ベッドルーム・エグゼクティブスイート(89平米)
  4. スイート(スパバス付き) (50平米)

 

4番目のスパバス付のスイート以外はメインウイングです。38平米のデラックスルーム(スタジオタイプ)以外は洗濯機が完備されています。

常連客のアップグレード率高し

僕がお勧めするのは、2番目の1ベッドルーム・スイート (76平米)です。

76平米という広さと、洗濯機付きであること、重厚な造りが自慢の部屋です。

余談ですが、この76平米の1ベッドルーム・スイートを予約すると、常連客の場合はホテル側の好意で89平米の1ベッドルーム・エグゼクティブスイートにアップグレードしてもらえる可能性が高いです(空き状況次第)。

実際、僕がセンターポイント・スクンビット10にチェックインすると、「Welcome back」と言われ、自動的に89平米のお部屋にアップグレードされていることがほとんどでした。

このサービスアパート、他のホテルと違い、スタッフの定着率が高いのです。

タイだと普通、ホテルでも会社でも、スタッフがすぐに辞めてしまいますよね。

でも、センターポイント・スクンビットは、入り口付近に控えているセキュリティーを含め、コンシェルジュも10年以上前からの知り合いの方が多く、顔さえ覚えてもらえば仲良くなれるのです。

センターポイント・スクンビット10の部屋

そしてここからやっとお部屋の紹介ですが、この時も初めに予約したのは76平米のお部屋でしたが、親切にアップグレードしてもらい、今回紹介するのはアップグレード後の89平米のお部屋の方になります。

リビングルーム

まずはリビングルームから見ていきましょう。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム

1ベッドルーム・エグゼクティブスイートのリビングルーム

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム 洗濯機

重宝する洗濯機

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム

食事用テーブル

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム キッチン

リビングルームのキッチン

 

男性一人で宿泊すると料理をすることは滅多にないと思いますが、キッチンもちゃんと付いています。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム ソファー

リビングルームのソファー

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム テレビ

リビングルームのテレビ

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム バルコニー

バルコニー

 

1ベッドルーム・エグゼクティブスイート(89平米)の場合、リビングルームとベッドルームの間に小さな書斎のようなお部屋があります。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム ソファー

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム ソファー

書斎とソファ

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム 書斎

 

パソコンを使う場合はこの書斎のデスクが便利です。

 

センターポイント系列のホテルのインターネットは、すべて無料です。客室内、館内どこにいても利用できます。

ベッドルーム

リビングルームがかなり広々としている一方、寝室はコンパクトにまとまっています。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 1ベッドルーム ベッドルーム

寝室にもテレビ、化粧台などは完備されています。

 

バスルームにはドアが2つあり、ベッドルームとリビングの両方に繋がっています。

バスルームの写真は撮り忘れてしまいましたが、大きなバスタブと、シャワーブースが分かれています。

また、1ベッドルーム・エグゼクティブスイート(89平米)は、ワンランク下の1ベッドルーム・スイート(76平米)と違い、トイレがバスルーム以外の場所にもう一つあります。

スイート(スパバス付き) (50平米)

上記の1ベッドルームの次におすすめなのが、50平米のスイートです。

グレードとしては、1ベッドルームタイプの方がスイートよりも上になりますが、ビル自体はスイートがあるビルの方が後に建てられたので新しいです。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート

以前はスタジオガーデンスイートという名称だった通り、1ベッドではありませんが、50平米と広めの間取りのスタジオタイプの部屋です。

1ベッドルームタイプは高層ビル(メインウイング)にあるのに対し、スイートはメインウイングの背後の低層階のガーデンウイングという棟にあります。

同じセンターポイント・スクンビット10でも、メインウイングとガーデンウイングで雰囲気もかなり違いますので、それぞれの好みに応じて選びましょう。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート

スイートのテーブル

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート

スイートのベッド

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート

スタジオタイプではありますあ、50平米もあるので一人なら十分な広さです。

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート

読書用のソファーも付いています。

 

ベッドの奥に、ドアはありませんがデスクのスペースと本棚があります。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート デスク

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート 本棚

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート バルコニー

スイートの棟は6階建ての低層の建物になっています。

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート バルコニー

夜なら涼しくて寛げるバルコニー

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート 洗濯機

なお、このスイートにも洗濯機は付いています(メインウイングにある38平米のスタジオには付いていません)。

スイートのジャグジー

スイート(ガーデンウイング)の特徴として、低層ビルであることに加え、メインウイングの1ベッドルームタイプにはないジャグジーがあります。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート ジャグジー

ジャグジー

 

センターポイント・ホテル・スクンビット10 スイート ジャグジー

このジャグジーが好きであえて1ベッドルームタイプではなくスイートを選ぶ人もいそうですね。

センターポイント・ホテル・スクンビット10の料金

1泊の料金の目安としては、1ベッドルームタイプが朝食付きで1万円程度になることが多いです。円安の現在は12,000円を超えることもあるかもしれません。

スイートタイプは、1ベッドルームよりも数千円安く、7,000~8,000円くらいで予約可能なケースが多いです。

バンコクのホテルはビーチリゾートと違い、年間で宿泊費が大きく変わることは少ないですが、このセンターポイントの1ベッドルームは人気が高いので、予約が遅いとすぐに満室になるか、料金が高くなる恐れがあります。

センターポイント・ホテル・スクンビット10まとめ

以上がセンターポイント・ホテル・スクンビット10でした。

今回写真で紹介したのは89平米のタイプですが、ワンランク下の76平米の1ベッドもこれと大差ないほど広く快適なので、初めから89平米の方を予約せず、76平米の方を予約して、運がよかったらアップグレードされるかも、と思っておけばよいと思います。

最後に、センターポイント・スクンビット10のプールだけ紹介しておきます。

センターポイント・ホテル・スクンビット10 プール

プールとフィットネスセンターは本館のみにあり、ガーデンウイングの宿泊客は本館の施設を利用することが出来ます。

 

アソーク方面で洗濯機付きの部屋といえば断然センターポイントですが、プロンポンやトンローエリアでお探しの方は、以下の関連リンクをご参照ください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事