スポンサーリンク

前編ではタイでのノービザのリセットのために3泊4日でシンガポールへの旅行に出発したところまでを書きました。

 

先日も書いた通り、この時点ではまさかタイに戻った際に、タイでの就労を疑われてあわや入国拒否という窮地に陥るとは知る由もありませんでした。

今回はシンガポールについて初日なので、宿泊しているフラトンホテルを中心に徒歩圏内で行動できるエリアを周ってみました。

スポンサーリンク

ザ・フラートン・ホテル・シンガポール

さて、僕が今回シンガポールで宿泊するのは、マーライオンパークやMRTラッフルズプレイス駅、ボートキーのすぐそばにあるフラトンホテルです。

ザ・フラートン・ホテル・シンガポール

 

1 Fullerton Square, シンガポール 049178

 

ザ・フラートン・ホテル・シンガポールに泊まるのは、2010年、2014年以来、3度目です。

イギリス植民地時代は郵便局として使われていたのをホテルにリノベーションしてオープンしたのが2000年ごろだと聞いていますので、ロビーも部屋も重厚感があります。

館内は中央が吹き抜けになっており、中央のコートヤードに面している部屋は、逆に言うと外の景色が見えない仕組みになっています。

つまり低価格のコートヤードルームは雨が降っているかどうかも外に出てからでないと確認できないのです。

フラトンホテル コートヤード

これがそのコートヤード。

 

コートヤードのアフタヌーンティーは有名で、ガイドブックでも紹介されているので宿泊者以外も利用しています。

フラトンホテル コートヤード

フラトンホテル コートヤード

上階から見たコートヤード

 

ベイサンズが見える部屋にアップグレード

僕はその一番低カテゴリーのコートヤードタイプの部屋をHISで25,000円ほどで予約したわけです。

しかし、部屋に入ってみると、過去2回と様子が違います。

フラトンホテル 部屋

フラトンホテル 部屋

フラトンホテル 部屋

部屋の大きさは変わりませんが、バルコニーが付いていて、しかもマリーナベイサンズが見えるではありませんか。

 

フラトンホテル 部屋

 

いつの間にかアップグレードしてくれていたわけです。

 

フラトンホテル 部屋

フラトンの唯一の欠点は、ほとんどの部屋で眺望が望めないことでしたが、今回はそれがカバーされてすごく得した気分です。

フラトンホテル 部屋

フラトンホテル 部屋

後でわかったことですが、ちょうどこの時期は日本からの夏休みの旅行者も多く、フラトンは僕が予約した後にすぐに満室になってしまっていたんですよね。

フラトンホテル 部屋

そして押し出し形式で6月にはすでに予約していた僕がアップグレードされた次第です。

フラトンホテル 部屋

もう一つ驚いたのが、部屋にタダで使える携帯電話がサービスとして置いてあったことです。

フラトンホテル 携帯電話

この携帯を使えば、街中でインターネットに接続出来るのはもちろん、国際電話が無料で利用できるとのことでした。

 

僕は使いませんでしたが。

 

でも前回3年前に来たときはそういうサービスはなかったので、最近になってのことなのでしょう。

ちなみにフラトンホテルではwifiが無料で使え、パスワードの設定もありません。

客室・館内ともに利用できるので、フラトンの敷地の目の前にあるマーライオンパークに出ても、おこぼれでまだネットに接続出来るのです。

マーライオンパーク

なのでマーライオンパーク横、マリーナベイサンズが正面に見えるプロムナードで夕日の景色を楽しみながら、FXにログインしたり、翌日どこに遊びに行こうか情報を調べたりすることが出来ました。

 

マリーナベイサンズ プロムナード

この辺りのプロムナードですね。

 

スポンサーリンク

マーライオンパーク

左手に歩けばマーライオン。プロムナード沿いにはスターバックスがあります。

マリーナベイサンズ プロムナード

マーライオン公園

 

先ほど書いた通り、パスワードの設定はないので、宿泊客以外でもネットにつなぐことが出来ます。

マリーナベイサンズ プロムナード

なお、シンガポールはショッピングセンターやカフェなどでもwifiが無料で使えますし、結果的に、シンガポールに来てSIMカードを買わなくてよかったなと思いました。

ご存知の方も多いと思いますが、フラトンホテルからマーライオンパークへは外を歩かずに地下からいけるのです。

フラトン ロビー

フラトンホテルロビーのこの階段を降りると、マーライオンパークへの連絡通路に繋がります。

 

連絡通路には動く歩道やエスカレーターもあり、エアコンも効いているので便利です。

 

マーライオンパーク

プロムナード沿いに歩くとすぐにマーライオンが見えてきます。

 

相変わらずすごい観光客の数で、みんな記念撮影に夢中になっています。

 

このあたりは狭いのに自撮り棒を振り回しながら撮影している人が多いので気を付けましょう。

 

 

マーライオンパーク

僕も一応ライオンの写真だけはいつもルーチンで撮っています。

 

マーライオンパーク

スポンサーリンク

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ

マーライオンパークからエスプラネードシアターまでは、曲線型の歩道橋が出来てアクセスがすごく楽になりました。

エスプラネードシアター

エスプラネードシアター自体には何もないので素通りですが。

 

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ

 

1 Esplanade Dr, シンガポール 038981

 

マリーナスクエア

エスプラネードシアターを通り抜けると、ショッピングセンターのマリーナスクエアの前に出ます。

マリーナ・スクエア

 

6 Raffles Blvd, シンガポール 039594

 

マリーナスクエア

僕はシンガポールに着くと真っ先にマリーナスクエアを目指しますね。

 

シンガポールのショッピングセンターはどこも狭い中に人が多くて歩きづらいですが、マリーナスクエアは広々としているので気に入っています。

マリーナスクエア

マリーナスクエア

マリーナスクエア

また、マリーナスクエアはマンダリンオリエンタルやマリーナマンダリンホテルに隣接しています。

眺望抜群のマリーナスクエアのフードコート

マリーナスクエアの4階に上がるとフードコートがあります。

 

マリーナスクエア フードコート

僕はいつもマリーナスクエアのフードコートでワンタンミーを食べます。

マリーナスクエア フードコート

ワンタンミードライが4.5ドル。

 

現在1シンガポールドルは80円なので、360円ですね。

 

アイスカチャン マリーナスクエア

デザートはアイスカチャン2ドル(160円)。

 

マリーナスクエア フードコート

マリーナスクエアのフードコートは眺望が良いのでお勧めです。

 

ところで、今回は昨年訪れた際にはなかった自動食器回収ロボットがフードコートを巡回していました。

ゆっくりとしたペースで何台かのロボットがテーブルの周りをうろうろしており、食事を終えた客がトレーをロボットにしまい込めるように出来ていました。

 

時代も変わるものですね。

 

サンテック・シティーモール

腹ごしらえも済ませたので、特に目的もなく、連絡通路ですぐ隣のサンテック・シティーモールに入りました。

サンテック・シンガポール国際会議展示場

 

3 Temasek Blvd, シンガポール 038983

 

サンテック・シンガポール国際会議展示場

サンテック・シティーモールはとても広いので何度来ても迷いますね。迷っていたらファウンテン・オブ・ウェルスにたどり着きました。

ファウンテン・オブ・ウェルス

ファウンテン・オブ・ウェルスに初めて来たのはサブプライムショックがあった2007年。

あの時にここでお祈りしてちょうど10年になりますね。ここでお祈りすると億り人になれるというのが事実であると今になって実感できました。

サンテック・シンガポール国際会議展示場

こちらは地下のフードコートから見たファウンテン・オブ・ウェルス。

 

今回は特に祈願はしませんでしたが。

 

サンテック・シンガポール国際会議展示場

ファウンテン・オブ・ウェルスのすぐ向かいにある地下のジャイアントハイパーというスーパーマーケットで買い物をしました。

 

夕方でオレンジやブドウが半額になっていたので購入しました。

ちなみにこのスーパーマーケットではボトルの水も500㏄がたったの0.4ドルだったのですが、セブンイレブンだと2ドルもしますので、なるべくスーパーで買っておいた方がいいと思います。

ラオパサフェスティバルマーケット

この後、シティーリンクモールを抜けて、地下鉄シティーホール駅から一駅でラッフルズプレイス駅まで移動。

ラオパサフェスティバルマーケット

ラッフルズプレイス駅を出て5分ほど南に歩くと、ラオパサフェスティバルマーケットがあります。

 

18 Raffles Quay, シンガポール 048582

 

18 Raffles Quay, シンガポール 048582

 

ラオパサフェスティバルマーケットはこのビル群の中にあります。

ラッフルズプレイス

ラオパサは金融街のど真ん中のホーカーズです。

 

ここでいつも通りチキンサテを夕食に頂きました。1本0.7ドルでミニマムオーダーは10本です。

ラオパサフェスティバルマーケット チキンサテ

ラオパサフェスティバルマーケット チキンサテ

チキンサテを食べているとき、ほんの一口だけ先ほどサンテックのジャイアントハイパーであったコーラをバッグから出して飲んだら、その瞬間に背後にいたと思われる飲みもの売りの男性が急いでやってきて、「No outside drink!」と注意されてしまいました。

 

まあたしかにおっしゃる通りですね。

 

ラオパサフェスティバルマーケット

ラオパサフェスティバルマーケット チキンサテ

旅行初日で疲労もたまっていたので、今日は散歩のこのくらいにしておくことにしました。

ラオパサからそのまま歩いて北上し、ボートキーで夜景を撮って隣のフラトンホテルに戻ったのでした。

ボートキー

このボートキーは翌日の夜に散歩することにしました。

 

フラトンホテル ライトアップ

フラトンホテル ライトアップ

こちらは夜のライトアップされたフラトンホテル。

 

フラトンホテルからのベイサンズの夜景

ラオパサでサテを食べ、フラトンホテルに戻って来ました。

フラトンホテル 部屋

部屋に戻るとクマさんのぬいぐるみがセッティングされていました。

 

最初は荷物を置いてまた夜の街を散歩しようかとも思っていましたが、部屋のバルコニーから見た夜景が綺麗だったので、結局、この日は外出をやめ、部屋で寛ぐことに決めたのでした。

以下が部屋から撮ったベイサンズの写真です。

午後9時ごろだったので、ちょうどライトのショーをやっていました。

フラトンホテル 部屋 夜景 フラトンホテル 部屋 夜景 フラトンホテル 部屋 夜景 フラトンホテル 部屋 夜景

バルコニーでネットに繋ぎ、スーパーで買ったブドウを食べながら景色を楽しんだのでした。

 

フラトンホテル 部屋 夜景 フラトンホテル 部屋 夜景

元々予約していたのは外の見えないコートヤードでしたが、偶然のアップグレードのおかげで3日間いい思いが出来ました。

以上はシンガポール1日目でした。

 

この日は主にラッフルズプレイスとマリーナエリアを散策しましたが、翌日はマリーナベイサンズのあるガーデンズバイザベイを観光します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事