台北滞在4日目の夜、臨江街観光夜市に出かけてきました。

臨夜市と言ったら毎回、台湾で最大規模の士林夜市に行っていましたが、臨江観光夜市は僕にとっても初めてです。

臨江街観光夜市の場所

場所はMRTの淡水信義線、信義安和駅、4番出口から歩いて7,8分です。

信義安和駅

 

信義安和駅

 

僕は信義安和駅のすぐ隣の大安駅のホテル(パークホテル)に泊まっているので、今回はMRTに乗らずに歩いて行ってきました。

信義安和駅前 台北101

駅を出ると、近くに台北101が見えます。

 

駅を出ると案内があるので迷わずにアクセスできます。

臨江街観光夜市 行き方 案内

臨江街観光夜市(通化街夜市)

夜市が近づくとだんだん店も増え賑やかになってきます。マッサージ店などもありますね。

臨江街観光夜市

到着しました。臨江街観光夜市の入り口です。

 

 

通化夜市

 

臨江街観光夜市は士林夜市と違って一本道です。

臨江街観光夜市

よって規模は士林夜市よりもはるかに小さいですが、道に迷うことはありません。

臨江街観光夜市

規模も小さくても、店のレパートリーは充分に揃っています。

 

そしてどこの夜市にも共通してユーフォ―キャッチャーがあります。

臨江街観光夜市

食べ物屋台もありますが、臨江街観光夜市は衣類やアクセサリーの店が豊富のような気がします。

臨江街観光夜市のステーキ店

この日の食事は、立ち食いではなく、夜市内のステーキの食堂で食べることにしました。

臨江街観光夜市 ステーキ店

メニューは日本語も用意してありました。まあ、漢字しかなくても日本人なら大体理解できてしまいますけどね。

臨江街観光夜市 ステーキ店

臨江街観光夜市 ステーキ店 鍋

僕が選んだのは、豚肉のピリ辛鍋。120元。

 

野菜たっぷりです。味付けも日本人に合っている気がします。

臨江街観光夜市 ステーキ店 ペッパーステーキ

ペッパーソースのステーキ。

 

200元くらいだったと思いますが、ステーキは肉が固くて美味しくなかったです。日本で食べるのとは雲泥の差ですね。

臨江街観光夜市  マンゴーかき氷

食後はステーキ屋の隣にあるデザート店でマンゴーかき氷を注文。160元。

 

マンゴーは今がシーズンだと聞いています。美味しかったです。

以上が臨江街観光夜市でした。

ホテルに戻ると、先日、兄弟冶印で注文した実印が届いていました。

出来栄えもバッチリで、今年はこれから福が訪れそうな予感がします。

市政府周辺

臨江街観光夜市を訪れた翌日。この日は地下鉄淡水信義線で台北101駅までやって来ました。

 

台北101

 

観光客にとっては淡水信義線、大活躍です

 

目的は、先日デパートで買った阿里山高山茶を、市政府近くにある問屋で卸売価格で買うことです。

デパートで買ってホテルで飲んだ烏龍茶がとても口に合ったので、自分へのお土産としてたくさん買おうと思ったのです。

 

そして阿里山高山茶をネットで調べたところ、デパートや永康街のお店だと卸売りの4倍くらいの値段で売られていることを知ったわけです。

 

まあ、たしかにデパートなどで購入するお茶は、きれいに包装されていて、デザインの優れた缶に入っているので、お土産にはちょうど良いんですけどね。

でも僕は日本やタイの自宅で自分で飲みたいだけなので、卸売価格で買える場所があるならそれに越したことはなと思い、ネットで評判の良かったお茶の問屋さんが店を構えている市政府周辺にやって来た次第です。

市政府

しかし、結論を先に言うと、このお茶の問屋さん、行ってみたら休日でした。

僕が行ったのは土曜日です。特に休日はないと書いてあったのですが、行ってみたら店は閉まっていたのです。

というわけで無駄骨になってしまいましたが、せっかくなので台北101の周辺を散歩してみました。

市政府 台北101

こちらは台北101。2、3日前に来たばかりですが。

市政府

 

新光三越 フードコート

台北101の周辺にはいくつもデパートがあり、上の写真はそのフードコートで食べた豚焼肉丼です。

日式とのことでした。230元。日本の牛丼チェーンなどで食べるよりも美味しかったですが、フードコートにしては高いですね。

市政府 新光三越

新光三越
新光三越 市政府

 

このエリアは新光三越が何軒もあり、どこも新光三越○○店と書かれているのですが、いまだに覚えられません。エリアが集中していてどこも同じようにしか見えないので。

新光三越 市政府

デパート周辺は整然とした通りになっています。ごみごみして人の多い台北駅周辺と雰囲気が全然違いますね。

しかし、せっかく台湾に来たのに日本とそっくりなデパートを周っても面白くないので、これから地下鉄に乗って龍山寺に行くことにしました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事