パトンビーチ 浜辺
スポンサーリンク

プーケットはタイで最大級のリゾート地として知られています。今回、僕たち夫婦はそのプーケットの北部にあるアナンタラ・マイカオ・プーケット・ヴィラに宿泊しました。

 

 

アナンタラ・マイカオ・プーケット・ヴィラがあるマイカオビーチは、非常に静かな高級ビーチです。

でも、旅行者の多くがプーケットに抱くイメージは、マイカオビーチではなく、賑やかなナイトライフやマリンスポーツが楽しめるパトンビーチの方ではないでしょうか?

スポンサーリンク

アフターコロナのパトンビーチ

さて、僕たちもせっかく8年ぶりにプーケットに来たので、パトンビーチが以前とどのくらい変わっているかを確かめてみたくなり、プーケット最北端のアナンタラから、レンタカーを40分ほど運転してパトンビーチまで行ってきました。

 

コロナでパトンビーチはどのくらい変わっているのでしょうか?

 

プーケットはタイで一番大きな島(総面積543㎢、南北に約45㎞)なので、北のマイカオビーチから南のパトンビーチに移動するとかなりの距離があります。

 

プーケット パトンビーチ ドライブ

そしてパトンビーチに向かう途中には急な山の斜面を幾度となく通らなければならないので、事故には要注意です。

 

スポンサーリンク

複合商業施設のジャンセイロン

パトンビーチ中心部に到着後、ショッピングモールやホテルが集まる複合施設、ジャンセイロンの駐車場に車を停めました。

チャンシーロン プーケット

雑貨からスパ製品、ファッションまで何でも揃うジャンクセイロン。

 

チャンシーロン プーケット

 

 

ジャンセイロンは10年以上前に初めてプーケットに来たときにも訪れています。そのときはピピ島の帰り道で、プーケットからバンコクに向かう夜のフライトに乗るために映画館で映画を一本観て時間を潰したのを覚えています。

チャンシーロン プーケット

久しぶりにジャンセイロンに入ってみると、様子が全く変わっていました。

チャンシーロン プーケット

ショッピングセンターの構造はそのままで、商品はぎっしり並んでいるのですが、買い物客が全くいないのです。

チャンシーロン プーケット

正午頃に着いたのですが、マクドナルドやアイスクリームのスエンセンスも営業していませんでした。以前は写真上のジャンク船の前で撮影している観光客が何組もいました。

チャンシーロン プーケット

チャンシーロン プーケット

コロナで外国人が帰国してしまい、観光業が盛んなプーケット、その中でも外国人依存度の高いパトンビーチが大打撃を受けていることが実感できます。

チャンシーロン プーケット

コロナ後にプーケットに行ったことのある旅行者さんのツイートによれば、タイ人のローカルがいるプーケットタウンはまだ比較的ましだそうです。

チャンシーロン プーケット

日本食チェーンのFujiレストランも休業中

 

チャンシーロン プーケット

完成済みのコンドミニアムを売るブールも、エージェントが暇そうに座っているだけ。

 

 

バンコクのコンドミニアムですら苦境にあるのですから、ほぼ観光客依存のプーケットでは50%引きにしても売れることはないでしょう。

 

チャンシーロン プーケット

中央のイベントスペースもスカスカ

 

 

チャンシーロン プーケット

写真上のお店で妻の服を買ったら、ほぼ全商品70%引きでした。

 

 

チャンシーロン プーケット

1階のお店は大体はオープンしていましたが、地下及び2階の小規模テナントは撤退済みでした。

 

 

チャンシーロン プーケット

ジャンクセイロン地下のテナント

 

 

チャンシーロン プーケット

タイスキチェーンのMKで昼ご飯を食べましたが、僕以外にお客は1組だけ。

 

 

チャンシーロン プーケット

マクドナルドが営業していないというのは明らかに異常事態ですね。

 

 

以上がパトンビーチのジャンクセイロンでした。

スポンサーリンク

セントラル・パトン

セントラル・パトンはジャンクセイロンの向かいに2019年にオープンした高級ブランドが揃うデパートです。前回僕がプーケットに来たときはまだありませんでした。

セントラル・パトン

 

 

ジャンクセイロンに駐車した車をそのままにして、セントラル・パトンに入ってみました。

セントラル・パトン セントラル・フードホール

地下にあるフードホールは、フードコートとスーパーマーケットが一体となった見所だそうですが、行ってみると、ほとんどのお店が閉まっています。

セントラル・パトン セントラル・フードホール マツモトキヨシ

同フロアのマツモトキヨシも店員以外の姿は確認できず。

 

 

セントラル・パトン セントラル・フードホール マツモトキヨシ

ケンタッキーフライドチキンも休業

 

 

セントラル・パトン セントラル・フードホール

スーパーマーケットは商品がぎっしりと並んでいるものの、お客が全くいない状態。

 

バングラ通り

ジャンクセイロンとセントラル・パトンがガラガラなのは分かったので、次にパトンビーチの中心を走るバングラ通りを見に行ってみました。

バングラ通り プーケット

 

 


セントラル・パトン セントラル・フードホール

以前はバングラ通りの両側にはバーやディスコが並び、観光客で溢れていましたが、コロナ後の現在は、やはりそのほとんどがやっていませんでした。

セントラル・パトン セントラル・フードホール

歩いている人すらほとんどいません。

 

 

セントラル・パトン バングラ通り

バーにいるのはお腹を空かせた猫さんのみ。

 

 

バングラ通り プーケット

同じく昼間のバーの猫さん

 

 

セントラル・パトン バングラ通り

セントラル・パトン バングラ通り

セントラル・パトン バングラ通り

セブンイレブンやスターバックスも営業していませんでした。

 

たしかにこの状況だと、下手に営業して在庫を抱えて赤字を増やすよりも、テナント料を払ったまま店を閉める方が正解なのかもしれません。もちろんこれが長く続けばお店の存続が危うくなるのは間違いありませんが。

パトンビーチの浜辺

バングラ通りを最後まで歩くと、パトンビーチにたどり着きます。西海岸のパトンビーチは、プーケットで最大の賑やかさを見せるエリアです。

 

パトンビーチ

パトンビーチは約3キロに渡って砂浜が延びるプーケットのメインビーチ

 

 

ところが、行ってみると、数人のタイ人観光客が記念撮影しているのみで、まるでアナンタラがあるマイカオビーチ並の静けさです。

パトンビーチ 浜辺

去年までは中国人で埋め尽くされていた場所です。

 

 

パトンビーチ 浜辺

 

プーケットの今後は厳しそう

以上がプーケットのパトンビーチのコロナ後の様子でした。

パタヤはバンコクから近く、陸続きなので、平日はガラガラでも週末になれば一定数のタイ人旅行客を呼び込むことが出来るでしょう。しかしプーケットは基本的に飛行機に乗らないとアクセスできないので、現在のように海外旅行客がいない状況だと、島の経済は成り立たないように思えます。

「政府が2020年10月1日からプーケットの海外旅行客受け入れ開始を検討中」というニュースも出ましたが、結局は9月の時点で立ち消えになってしまいました。いずれにしてもタイ入国後14日間はホテルで隔離という条件がありますので、仮に海外旅行を解禁しても効果は限定的だと思いますが・・・。

インバウンドは絶望的な世界情勢ですが、今後プーケット経済がどうなっていくのかを注視したいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事