タイランドエリート EPA
スポンサーリンク

タイのソンクランが終わって落ち着いたころ、僕も日本での仕事が一段落し、2週間ぶりに日本からバンコクに戻ってきました。

今回も飛行機は羽田空港発、航空会社はANAのビジネスクラスです。

スポンサーリンク

ゴルフバッグをANAに預ける

今回がいつもと違うのは、ゴルフバッグを日本からタイに運んだことです。

 

日本にいても絶対にゴルフはやらないですからね。

 

かと言って僕はゴルフは15歳の頃からレッスンを受けていたにもかかわらず、未だにコースに出たことがないほぼ初心者です。

ana ゴルフバッグ

でもタイにいるときは、時々クラブをレンタルしてスクンビットの練習場に行ったりはするので、その時のために今回ゴルフバッグを丸ごと日本から持ってくることにしたわけです。

余談ですが、久しぶりにゴルフクラブを見てみると、よく使うアイアンのグリップがボロボロになっていたので、事前に自由が丘のVictoria Golfという店でグリップの交換をしておきました。

 

いつかはコースデビューするかもしれませんね。

 

タイランドエリートの会員さんはゴルフが上手な方が多いので、いつか教えてもらいたいです。

と言うわけで、高校生の時に親に買ってもらったゴルフバッグをANAのチェックインカウンターで預けました。

チェックインの際、ゴルフバッグのみ損害賠償の対象外になるという同意のサインをしました。

スポンサーリンク

羽田空港ANAラウンジは大混雑

いつも思うのですが、ANAのラウンジって、非常に混んでいます。

Twitterのフォロワーさんから聞いた話では、なんと近年はANAダイヤモンド会員用のファーストクラスラウンジですら混雑しているそうです。

羽田空港 ANA ラウンジ

ANAビジネスクラスラウンジ

 

今回は座りたいソファー席が無かったので、充電のできるカウンターに席を取りました。

羽田空港 ANA ラウンジ うどん

いつも食べるオーダーメイドのきつねうどん

 

ANA ラウンジ カレー

この日は自宅ではあまり食べてこなかったので、夕食はラウンジでカレーを頂きました。

 

ANA ラウンジ 羽田空港 インターネット

帰国中に日本で調達した富士通の小型軽量パソコン

 

僕としては、今回の一時帰国中に600g台の軽いパソコンを購入できたのが一番の成果だったかもしれません。

今までは東芝のDynabookの重たいのを無理して運んでいましたが、これからはDynabookはコンドミニアム内で使い、富士通はビーチリゾートなどの小旅行に出かけるとき用、それとコーヒーショップでのノマド用にしたいと思います。

Windows OSでアウトルックが開け、AdobeのDreamweaverと弥生会計があれば僕の仕事は完結します。

スポンサーリンク

ANAブロンズステータスを獲得

さて、今回ANAビジネスクラス便に搭乗することで、また新たにプレミアムポイントが付きました。ビジネスクラスで羽田からバンコクまで飛ぶと、約5700プレミアムポイントが付与されます。

ANA SFC修行 解脱

ANAプラチナ会員(=SFC会員)になるための5万プレミアムポイントの内、4月の今の時点で35000プレミアムポイントを突破したので、年内に5万ポイントはもうほぼ確実です。

 

これからまだまだ飛びますしね。

 

そしてANAから、ブロンズサービスの基準に達したというメールが届きました。

ANA ブロンズ会員

 

これで来年はANAスーパーフライヤーズカードの本会員になれそうです。

 

ANAビジネスクラス深夜便

羽田空港からスワンナプーム空港へのフライトは、数10分遅れましたが、何とか離陸しました。

ANAビジネスクラス バンコク

ANA ビジネスクラス 深夜便

今回はビジネスクラスの最前列である1H席を確保

 

ANAビジネスクラス バンコク

1:2:1の配列は一人旅には最適

 

ANAビジネスクラス バンコク

座席は深夜便には必須のフルフラットです。

 

ANAビジネスクラス バンコク

搭乗するとともに機内食のメニューを見て和食を指定。

 

ANAビジネスクラス 機内食のメニュー

機内食(朝食)のメニュー

 

ANAビジネスクラス バンコク

広くて快適。

 

21万円でこれはコスパ高いなあ

 

ANAビジネスクラス 機内食 軽食

離陸直後、軽食にタンドリーチキンのフォカッチャを食べて就寝しました。

 

翌日の元気を考えると、深夜便で映画等を見ている余裕はありません。ハワイのヒーリングミュージックやクラシックを若干聴いた程度です。

ANAビジネスクラス 朝食

起床後に頂いた朝食のメインは目鯛の田楽

 

タイランドエリートのカートで誰よりも早くイミグレへ

スワンナプーム空港到着後、二人のタイランドエリートEPAが搭乗口付近に立っていました。

どうやら同じ便に二人のタイランドエリート会員が搭乗していたようです。近年はタイランドエリート会員も急増し、このような光景が増えてきました。

タイランドエリート EPA

今回はカートでの移動となりました。

 

もう一人のタイランドエリート会員さんは別のカートです。タイ航空のファーストクラスと違い、タイランドエリートのカートは決して混乗ではありません。

タイランドエリート EPA

荷物は一つをEPAに持ってもらいました。

 

カートに乗ることで他のビジネスクラス客とスピードで差を付けてイミグレに到着です。

 

もちろん優先レーンです。

 

ビジネスクラス客はまだ歩いているので、その間にガラガラのイミグレで入国審査を済ませます。

タイランドエリート用到着ラウンジを使わせてくれた

入国審査終了後は、懸案だった到着ラウンジの件です。

タイランドエリート EPA

EPAの向かう先は、ラウンジか、それともベルトコンベアか。

 

2019年4月現在、タイランドエリートの到着ラウンジの一つは改装中です。

到着ラウンジはもう一つあるのですが、到着ラウンジと預け荷物返却口に距離がある場合、最近はタイランドエリート会員が到着ラウンジを使わせてもらえないケース多々あり、これがエリート会員客からのクレームを呼び、大きな問題になっていました。

そこで僕がこの事案をタイランドエリートの日本正規代理店さんに相談したところ、代理店の社長さんがタイランドエリート上層部に直接コンタクトを取ってくれ、今後は日本人エリート会員は到着ラウンジに案内するという方針を徹底させてもらえることになったのです。

そのような経緯があり、今回、僕が何もリクエストをしなかった場合、EPAが僕をどこに案内するのかをウォッチしていました。

タイランドエリート 到着ラウンジ

結果、到着ラウンジに案内してもらえました。

 

タイランドエリート 到着ラウンジ

タイランドエリート会員は、到着ラウンジで座っている間に荷物を回収してもらえます。

 

今回、到着ラウンジ内には一人のEPAのマネジャーと、若い新人のEPAが二人控えていました。そして先輩のEPAの方から、前回の日本帰国時のEPAのサービスへの謝罪を直接受けました。

代理店さんのお話通り、タイランドエリート上層部にこの案件はしっかり伝わっていました。

ということで、今後は日本人のタイランドエリート会員さんは入国審査完了後、到着ラウンジまで案内してもらえるはずです。

タイランドエリート 預け荷物

そして荷物は無事に回収

 

BMWでコンドミニアムへ

前回のサービスの不手際に対する誠意として、先ほど謝罪してくれた先輩EPAを合わせた二人のEPAが車まで見送ってくれました。

タイランドエリート BMW

早朝のため、スクンビットのコンドミニアムには30分程度で無事に到着しました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事