トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 バスタブ バルコニー
スポンサーリンク

こんにちは。タイランドエリート会員ニートのMachaです。

前回はサムイ島のトンサイベイホテルの概要について触れました。

 

今回は僕がトンサイベイで泊まったビーチフロントスイートというタイプのお部屋を紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

トンサイベイのビーチフロントスイート

トンサイベイには合計83の客室があり、他のホテルと比べて、すべての部屋がとても広い造りになっています。僕たちが泊まったのはその中で最も低価格のビーチフロントスイートです。

 

トンサイベイ 部屋 タイプ

ビーチフロントスイートは、写真中央7番のプールの後ろに建つ黄緑色の建物です。

 

 

トンサイベイ 部屋 

ビーチフロントスイートは3階建て

 

 

今回紹介するのはホテル棟のビーチフロントスイートのみですが、トンサイベイには他にもコテージタイプやヴィラタイプもあります。

スポンサーリンク

ビーチフロントスイートのリビング

前記事でも書きましたがコロナの影響で部屋の稼働率は非常に低く、今回は3階にあるビーチとプールがよく見えるお部屋にしてもらうことができました。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋

部屋は細長い造りになっていますが、なんと一番狭い部屋でも広さ70平米以上はあります。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋

ソファーもベッド並みに大きくて快適。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋

テーブルの上には、バナナやオレンジなどの果物が置いてあり、滞在中、ハウスキーパーの方が常に補充してくれます。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋

ベッドは天蓋付き。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋

夜になるとハウスキーパーさんが天蓋の幕を下ろしてくれます。これでベッドに蚊が入ってくる心配がありません。もちろん虫刺され対策のスプレーも部屋に常備されています。

スポンサーリンク

バスタブがバルコニーにある

トンサイベイのビーチフロントスイートの特徴は、バルコニーにバスタブがあることです。

ちなみに1階は地上階なのでバスタブはなく、代わりに部屋が広く、プールアクセスとなっています。

通常は下の写真のように、2階か3階のバルコニーのバスタブがあるタイプの部屋を割り当てられると思います。

 

バルコニーには、ルームサービスなど食事に使える充分な大きさのテーブルも完備されています。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 バスタブ バルコニー

バスタブの向こうにはデッキチェアが二つ。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 バスタブ バルコニー

横たわりながらビーチを眺めたり、本を読んだり。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 バスタブ バルコニー

プールの方からバスタブが見えてしまうのではないかと心配の方もいるかもしれませんが、これが見えないように絶妙な構造に作られていました。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 バスタブ バルコニー

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 バスタブ バルコニー

夕方、バスタブにお湯を貯めてみました。

バスルーム

次にバスルームです。

先ほど紹介したバスルーム以外にも、シャワーブースがあります。プールから帰って来てサラッとシャワーを済ませたいときに便利です。

トンサイベイ ビーチフロントスイート バスルーム

実際に僕も毎日バスタブを使っていたわけではなく、シャワーブースと半々くらいでした。

写真を撮り忘れてしまいましたが、このバスルームには化粧台もあり、充分すぎるくらいの広さになっています。

トンサイベイ ビーチフロントスイート バスルーム

シンクが2つあるのも嬉しいところ。

 

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 バスタブ バルコニー

バルコニーからの景色です。

トンサイベイには2つのプールがあり、ビーチフロントスイートからは大きい方のプールが見えるようになっています。

部屋にいると聞こえてくるのは波音だけ。この部屋に10泊出来る機会に恵まれた自分は幸せです。

差し入れに頂いたフルーツやお菓子

トンサイベイに宿泊していると、前述のようにハウスキーパーの方が部屋に果物やスイーツなどを毎日補充してくれます。

特にバナナとクッキーは毎日、朝のハウスキーキングの時に必ず新しいものを持ってきてくれていました。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 クッキー

レーズン入りの自家製クッキー

 

 

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 シュークリーム

一口サイズのシュークリーム

 

 

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 生春巻き

生春巻き

 

 

おやつや食事の前菜として毎日ありがたく頂きました。

リピーターへの温かい配慮

トンサイベイは、日本人のリピーターが多いことでも知られているホテルです。

僕も2007年に宿泊したことのあるリピーターの一人です。

ホテルのレセプションの方も僕が以前泊まっていたことを記録で把握していてくれたようで、3日目の夜にはありがたいお土産を夕方部屋に持ってきて頂きました。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 ワイン

チャウェーンビーチのセントラルフェスティバルから部屋に戻ると、冷えたワインが部屋に置いてありました。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 ワイン

そして綺麗にカービングされた果物。

 

 

テーブルには手紙が添えてあり、「再びトンサイベイを宿泊先に選んでくださってありがとうございます。」と丁寧にメッセージが書かれていました。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋 ワイン

 

さらにベッドを見るとタオルで作った象さんのアートが!

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋

現在トンサイベイには二人の日本人スタッフさんがいらっしゃいますが、二名とも、僕たちがロビーを通ったときに挨拶と自己紹介をしてくれました。

トンサイベイ ビーチフロントスイート 部屋

こうして10泊のロングステイの間、ホテルのスタッフさん方には大変お世話になったので、チェックアウト前日の夜、夕食の帰りにロビーに立ち寄り、そのとき当番だったタイ人のレセプションの方にお礼を伝えたところ、上の写真のようなマルベリーのお茶っ葉をお土産にと頂きました。

トンサイベイの自家製のオーガニックの品だそうです。添えられていた手紙には、結構値の急上昇を抑える効果があるとのことでした。

 

ここまでして頂けるともう感無量ですね

 

 

コロナ後の余波により、80部屋以上の部屋があるのに稼働している部屋が毎日2,3室という厳しい状況ですが、トンサイベイにはなんとしても生き残ってもらいたいと強く感じた次第です。タイ国内のみの需要だけでは満室経営は難しいかもしれませんが、国際線の運行が始まるまで耐えられることを僕も願っています。

以上がトンサイベイで最もリーズナブルな料金で泊まれるビーチフロントスイートの紹介でした。

次回は、トンサイベイのプールやレストラン、敷地内の様子などについて触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事