TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ
スポンサーリンク

これまで過去二回の記事に渡り、タイの最大手通信キャリアであるTRUEへの契約乗り換え方法について書いてきました。

 

前記事でも書いたとおり、僕がAISから会社からTrueに乗り換えたのは、Trueのラウンジ(コワーキングスペース)を使いたいからです。

 

僕のようなノマドワーカーには仕事スペースが必要なのです。

 

以前紹介しましたが、タイランドエリート会員は、エムクオーティエ2階のScarlet & Platinum Loungeが使えるのですが、それとは別にもう1カ所だけ、リーモートワークに適切な自分の居場所を確保したかったのです。

 

スポンサーリンク

タイランドエリート会員+Trueブラックカードのパワー

そして今日のトピックに繋がるわけですが、エムクオーティエの同2階には、TrueSphereという、Trueのブラックカード(上級会員)向けのラウンジがあります。

つまりタイランドエリート会員のメンバーシップに加え、Trueのブラックカードさえ入手すれば、エムクオーティエで2つのラウンジが使えるという、極めて快適な待遇をものにすることが出来ることになるのです。

true ブラックカード

自宅に送られてきたTrueのブラックカード

 

 

後述しますが、TrueSphereのラウンジはエムクオーティエ以外にもありますし、タイランドエリート会員が利用できるラウンジも他にもありますので、この2つのステータスがあればバンコクでのセミリタイア生活(特にパソコン作業などが多い方)が有利になるのは間違いありません。

スポンサーリンク

TrueSphere@エムクオーティエ

というわけで、念願のブラックカードを受け取ってすぐ、エムクオーティエにあるTrueラウンジ、TrueSphereに早速行ってきました。

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

営業時間は、毎日10時00分~21時00分とのことです。

 

 

基本的にエムクオーティエがオープンしている間は使えると言うことになりますね。

 

 

693-695 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110

 

 

エムクオーティエはBTSのプロンポン駅と隣接しており、エムクオーティエの向かいには同じくエンポリアムという同系列のデパートもあり非常に便利なエリアです。日系企業のバンコク駐在員家族や、多少裕福な日本人セミリタイア層の多くがこのプロンポンのエムクオーティエ周辺に居を構えています。

 

 

 

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

TrueSphere入り口

 

 

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

入り口を入ると、店内では白と赤で統一した制服を着た若いスタッフ達が働いています。

 

 

入り口付近にコンシェルジュが一人立っているので、この方にtrueのBlack cardを渡します。

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

すると、コンシェルジュがBlack Cardの裏面にあるQRコードを読み取り、利用可能であることを確認して中に通してくれます。

 

 

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

なんとも煌びやかなラウンジ内部

 

 

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

ちなみにラウンジでの滞在時間は最長で2時間までとのことです。

まあそこまで長居することはないでしょう。空いている好きな席に腰掛けることが出来るので、まずは着席。

スポンサーリンク

Trueラウンジでの飲み物

席に着くと早速ウエイトレスがメニューを持ってきてくれました。

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

ラウンジ内にはどんな飲み物やお菓子があるのでしょうか

 

ウェルカムドリンク

メニューを開くと、まず無料の「ウェルカムドリンク」というページがあります。

コーヒー、紅茶、ハーブティー、ソフトドリンクなど一通りありました。つまり一人で来た場合は、基本的に料金を払わなくてもウェルカムドリンクだけでラウンジに滞在できるというわけですね。

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

ウェルカムドリンクでお願いしたカモミールティー

 

 

その他、無料のクッキーとボトルウォーターが付いてきました。

 

有料ドリンク

せっかく初めてラウンジに来たので、有料の飲み物も注文してみました。

その前にTrueラウンジでのシステムとして、有料ドリンクはBuy 1 Get 1または30%引きのディスカウントが受けられるようになっています。

つまり、二人出来たときはBuy 1 Get 1で一人分の飲み物が無料、一人で来たときは自分のドリンクが30%割引となるわけですね。

 

今回は妻と二人出来たので、Buy 1 Get 1の特典を利用して飲み物を二品注文しました。

 

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

アイスカフェラテとアイスチョコレート

 

 

※補足
Buy 1 Get 1の特典は月に8回までとのことです。最後に渡されるレシートに「あと何回利用できるか」が記載されています。

 

 

軽食

わずかではありますが、TrueSphereのラウンジでは軽食も提供しています。サンドイッチ、サラダ、そして以外にもガパオライスがメニューにありました。食べ物はどれも大体100バーツくらいです。

TrueSphere@セントラルワールド

後日になりますが、セントラルワールド4階にあるTrueSphereのラウンジにも行ってきました。

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

TrueSphereセントラルワールド

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

エムクオーティエと同様、入り口でtrueのBlack Cardを提示して入場

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

TrueSphereセントラルワールド内部

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

椅子はエムクオーティエのような豪華なふかふかソファーではなく、普通のオフィス風

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

柔らかいソファーは腰を痛めるので、個人的にはセントラルワールド店の方が読書や仕事には良さそうです。

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

まぶしいくらい煌びやかなエムクオーティエとは違い、セントラルワールドは良い意味で普通のラウンジですね。

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

ケーキやパンは冊子のメニューからでも、カウンターからでも選べます。

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

ブラックカード所持でBuy 1, Get 1、または30%引きの特典は他店舗と同じです。

 

 

TrueSphereの場所

最後に、バンコク(又はその近郊)でTrueSphereがあるショッピングセンターをリストアップしておきます。

 

  1. エムクオーティエ
  2. セントラルワールド
  3. セントラルプラザ・ウエストゲート(ノンタブリー県)
  4. メガバンナー
  5. ザ・モール・バンカピ
  6. セントラルフェスティバル・イーストヴィル(ラップラオ)
  7. アイコンサイアム
  8. サイアムパラゴン
  9. フューチャーパーク(ランシット)

 

 

TrueSphere セントラルワールド ラウンジ

こちらはセントラルワールド4階のTrueSphere

 

 

いかがでしょうか?

 

TrueSphereは、昨年オープンしたアイコンサイアムにもあるようですね。

僕が直接関係ありそうなのは、エムクオーティエ以外だとセントラルワールド、サイアムパラゴンあたりになりそうです。

TrueSphere まとめ

以上がTrueのブラックカード保持者が使える専用ラウンジの紹介でした。

実際はラウンジというよりは、コワーキングスペース的な目的で利用されていることもあり、wifiはばっちり飛んでおり、充電スパースもしっかり確保されています。

TrueSphere エムクオーティエ ラウンジ

年齢層は非常に若く、学生や20代くらいの人たちがパソコンを広げて黙々と勉強・仕事をしていたり、ヘッドフォンを付けて音楽やゲームを楽しんでいる光景を目にしました。

日本のスタバだと、狭いスペースで意識高い系のマックユーザーが肩をぶつけなら窓際族のように仕事をしているイメージがありますが、Trueのラウンジは人口密度がはるかに低く、利用者もおとなしいので居心地ははるかに上だと思います。

日本の会社をリモートで動かしている僕としては、自宅のほかに作業を出来る場所としてこのTrueラウンジを使えればいいなと考えています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事